トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 12月 > 台風26号により被害を受けた方々の手数料を免除

ここから本文です。

報道発表資料  2013年12月16日  都市整備局

平成25年台風第26号により被害を受けた方々の
建築確認申請等について手数料を免除します

 東京都及び(公財)東京都 防災・建築まちづくりセンターでは、「平成25年台風第26号」により被害を受けた建築物を所有又は賃借していた方が建築等を行う際の建築基準法に基づく確認申請等に伴う手数料を免除しますので、お知らせいたします。

1 対象となる方

 大島町長が発行する「り災証明書」により、「全壊」、「大規模半壊」、「半壊」と判定された建築物を所有又賃借していた方

2 対象となる建築物

 次の(1) 、(2) 又は(3) の場合について対象となります。

(1) 延べ面積が、対象者が所有又は賃借していた部分の床面積の合計の1.5倍以下である建築物
(2) 一戸建ての住宅、長屋又は共同住宅(※)で、延べ面積が175平方メートル以下である建築物(対象者が被災した建築物に居住していた場合のみ。)
(3) (1) 又は(2) の建築物の工事を施工するため必要となる仮設建築物

※兼用、併用住宅の場合は、住宅以外の用途に供する床面積の合計が延べ面積の2分の1未満であり、かつ、50平方メートル以下のものが対象となります。

3 免除対象手数料と免除期間

(1) 東京都へ申請する場合(対象地域は4の下表を参照)

確認申請手数料※
構造計算適合性判定に係る審査手数料
許可等申請手数料
位置指定道路の指定等の申請手数料
平成28年3月31日まで
計画変更確認申請手数料※
中間検査申請手数料
完了検査申請手数料※
平成30年3月31日まで
※建築設備及び工作物を含みます。

(2) (公財)東京都 防災・建築まちづくりセンターへ申請する場合(都内全域が対象)

確認申請手数料(建築設備及び工作物を含む。)
フラット35適合証明設計審査手数料
設計住宅性能評価料金
平成28年3月31日まで

4 申請窓口

(1) 下表に該当する市町村で建築等する際の東京都に申請される場合の窓口

免除となる建築等の場所 申請窓口
大島町・利島村・新島村・神津島村 大島支庁土木課
電話 04992-2-4441
三宅村・御蔵島村 三宅支庁土木港湾課
電話 04994-2-1313
八丈町・青ヶ島村 八丈支庁土木課
電話 04996-2-1114
小笠原村 小笠原支庁土木課
電話 04998-2-2123
昭島市・東大和市・武蔵村山市・国立市・狛江市・多摩市・稲城市 多摩建築指導事務所建築指導第一課
電話 042-548-2044
小金井市・小平市・東村山市・東久留米市・清瀬市・西東京市 多摩建築指導事務所建築指導第二課
電話 042-464-2154
青梅市・羽村市・瑞穂町・奥多摩町・福生市・あきる野市・日の出町・桧原村 多摩建築指導事務所建築指導第三課
電話 0428-23-3423

※特別区の区域や上記記載以外の市で建築等する場合の当該区市の対応については、各区市へお問い合わせ下さい。

(2) (公財)東京都 防災・建築まちづくりセンター

 〒150-8503 渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル8階
 建築防災部確認検査課 電話 03-5466-7871(ホームページ:http://www.tokyo-machidukuri.or.jp/

問い合わせ先
都市整備局市街地建築部建築企画課
 電話 03-5388-3342
(公財)東京都 防災・建築まちづくりセンター建築防災部確認検査課
 電話 03-5466-2117

ページの先頭へ戻る