トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 12月 > 西武鉄道新宿線等の連続立体交差事業に着手

ここから本文です。

報道発表資料  2013年12月10日  建設局

西武鉄道新宿線・国分寺線・西武園線の連続立体交差事業に着手します
東村山駅周辺の5箇所の踏切を解消します

 本日(12月10日)、以下の路線について、国土交通省から都市計画事業の認可を取得し、事業を実施いたしますのでお知らせします。

路線名 施行箇所 延長 事業期間 事業費
都市高速鉄道
 西武鉄道新宿線
 西武鉄道国分寺線
 西武鉄道西武園線
(新宿線)
東村山市本町四丁目
~久米川町五丁目
2,305メートル 平成25年度
~平成36年度
714億円
(側道整備を含む)
(国分寺線)
東村山市本町二丁目
~本町一丁目
790メートル
(西武園線)
東村山市本町二丁目
~野口町四丁目
1,385メートル

事業の概要

 本事業は、西武鉄道新宿線、国分寺線及び西武園線の東村山駅を中心とした約4.5キロメートルについて、鉄道を高架化し、道路と鉄道を連続的に立体交差化するとともに、鉄道高架構造物に沿って、側道を約0.8キロメートル整備するものです。

事業の効果

  1. 府中街道をはじめ5箇所の踏切の除却により、踏切遮断による交通渋滞及び踏切事故が解消され、鉄道と道路それぞれの安全性が向上します。
  2. 鉄道により隔てられた地域が一体化されるとともに、鉄道と交差する都市計画道路東村山3・3・8号線(府中街道)などの整備が促進され、周辺地域の安全性や防災性が向上します。
  3. さらに、側道の整備により、都市環境の保全や地域の円滑な交通が確保され、安全で快適なまちづくりに大きく寄与します。

※別添 西武鉄道新宿線、国分寺線及び西武園線(東村山駅付近)案内図(PDF形式:184KB)

「2020年の東京」へのアクションプログラム2013事業
 本件は、「2020年の東京」へのアクションプログラム2013において、以下の目標・施策に指定しています。
 目標4 陸と海と空を結び、東京の国際競争力を引き上げる
 施策10 陸・海・空の高度な交通ネットワークを形成し、国際競争を勝ち抜く
 (2 連続立体交差事業の整備推進)

問い合わせ先
建設局道路建設部計画課
 電話 03-5320-5324

ページの先頭へ戻る