トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 11月 > 都政モニター結果 「薬物乱用防止に対する意識」

ここから本文です。

報道発表資料  2013年11月22日  生活文化局

平成25年度第4回インターネット都政モニターアンケート結果
薬物乱用防止に対する意識

 今回の調査は、インターネット都政モニターを対象に、乱用されている薬物の認知度や行政に力を入れてほしい薬物乱用防止対策など「薬物乱用防止に対する意識」について聞き、今後の都政運営の参考とするものです。

調査結果のポイント

  • 乱用されている薬物の認知度
    第1位 覚醒剤・・・98%
    第2位 大麻・・・97%
    第3位 コカイン・・・91%
  • 薬物を使用している人を見た場合の行動
    第1位 使用しないように注意する・・・40%
    第2位 行政機関や医療機関などに相談する・・・23%
    第3位 警察に相談する・・・17%
  • 違法(脱法)ドラッグに関する理解
    第1位 合法、脱法と言われるものを使用した人が死亡したり、事件を起こした例がある・・・61%
    第2位 どのような成分がどのくらいの量で含まれるかわからないものがあり、麻薬・覚醒剤と同様の作用を持つ薬物が含まれていたり、もっと危険なものが含まれている場合もある・・・45%
    第3位 麻薬や覚醒剤の成分を少しだけ変えることで法の規制を逃れているものである・・・42%
  • 薬物乱用防止について知りたいこと
    第1位 薬物を乱用した場合の健康被害についての情報・・・73%
    第2位 薬物の販売の手口についての情報・・・57%
    第2位 薬物乱用が事件・事故に結びついた事例の情報・・・57%
  • 行政に力を入れてほしい薬物乱用防止対策
    第1位 学校で薬物乱用対策の教育を強化する・・・67%
    第2位 指導・取締りを強化する・・・53%
    第3位 薬物乱用に対する罰則を厳しくする・・・53%

※インターネット都政モニターは、インターネットが使える20歳以上の都内在住者を対象に、性別、年代、地域等を考慮して500人を選任。

問い合わせ先
生活文化局広報広聴部都民の声課
 電話 03-5388-3139

〔資料〕

調査実施の概要

1 アンケートテーマ

 「薬物乱用防止に対する意識」について

2 アンケート目的

 薬物乱用防止に対する意識を把握し、今後の都政運営の参考とする

3 アンケート期間

 平成25年9月13日(金曜)正午から平成25年9月19日(木曜)正午まで

4 アンケート方法

 インターネットを通じて、モニターがアンケート専用ホームページから回答を入力する

5 インターネット都政モニター数

 500人
(インターネット都政モニターは満20歳以上の都民を対象に年度ごとに公募)

6 回答者数

 474人

7 回答率

 94.8%

薬物乱用防止に対する意識

 東京都は、平成21年2月に東京都薬物乱用対策推進計画を策定し、薬物乱用防止に向けた普及啓発、条例による規制強化、警視庁と連携した薬物販売店への立入調査等の監視の強化に取り組んできました。一方、依然として薬物乱用が大きな社会的問題であり、最近では法の規制を巧みに逃れている薬物が若者を中心に乱用され、事件・事故につながる事例も発生しています。このような状況の中で、今年度は推進計画の改訂を進めており、対策を一層強化することとしています。
 今後の薬物乱用対策のさらなる取組の参考とするため、薬物に対する意識や薬物乱用防止に関する東京都の施策について、都政モニターの皆様のご意見をお伺いします。

1 調査項目

Q1 乱用されている薬物の認知度
Q2 薬物を使った場合の影響について知っていること
Q3 薬物に関する情報を見聞きする機会
Q4 薬物を使用している人を見た場合の行動
Q5 知っている相談窓口
Q6 行政機関の相談窓口の印象
Q7 違法(脱法)ドラッグに関する理解
Q8 違法(脱法)ドラッグに対する意識
Q9 若者が違法(脱法)ドラッグに手を出してしまう背景
Q10 知っている啓発活動
Q11 薬物乱用防止について知りたいこと
Q12 若者へのアプローチとして効果的なもの
Q13 行政に力を入れてほしい薬物乱用防止対策
Q14 薬物乱用についての自由意見

2 アンケート回答者属性

区分 n
全体 474 -
性別 男性 236 49.8
女性 238 50.2
年代別 20代 56 11.8
30代 90 19.0
40代 96 20.3
50代 68 14.3
60歳以上 164 34.6
職業別 自営業 43 9.1
常勤 159 33.5
パート・アルバイト 54 11.4
主婦 114 24.1
学生 29 6.1
無職 75 15.8
居住地域別 区部 334 70.5
市町村部 140 29.5

 

※集計結果は百分率(%)で示し、小数点以下第2位を四捨五入して算出した。そのため、合計が100.0%にならないものがある。
※n(number of cases)は、比率算出の基数であり、100%が何人の回答者に相当するかを示す。
※回答方法・・・(3MA)=3つまで選択、(MA)=いくつでも選択

調査結果(PDF形式:375KB)

ページの先頭へ戻る