ここから本文です。

報道発表資料  2013年11月18日  建設局

新滝山街道全線開通による整備効果
―圏央道あきる野ICと国道16号間がスムーズに―

 東京都が圏央道アクセス道路として整備を進めてきた新滝山街道(全長約7.0キロメートル)は、平成25年3月に高尾街道から谷野街道までの区間(約2.6キロメートル)を交通開放し、全線開通となりました。
 圏央道あきる野インターチェンジへのアクセス機能及び国道411号のバイパス機能を持つ新滝山街道の全線開通により下記のような整備効果が得られましたのでお知らせします。

1 全線開通による主な効果(別紙参照)

  • 圏央道あきる野インターチェンジと国道16号間の所要時間が半分に!
  • 新滝山街道へ車が転換したことにより、国道411号の交通渋滞が緩和!
  • 地元の方々やバス事業者が効果を実感!

2 事業の概要(平成25年3月開放区間)

  1. 路線名
    一般都道淵上日野線(第169号)
    (八王子都市計画道路3・3・41号鑓水戸吹(やりみずとぶき)線)
  2. 事業期間
    平成16年度~平成24年度
  3. 事業区間
    八王子市丹木(たんぎ)町三丁目から同市戸吹町地内
  4. 事業延長
    約2.6キロメートル
  5. 事業費
    約145億円(平成24年度までの事業費)
    ※平成25年度から電線共同溝の整備を進めています。

※別紙 新滝山街道全線開通による整備効果(PDF形式:217KB)

問い合わせ先
建設局道路建設部道路橋梁課
 電話 03-5320-5353
南多摩西部建設事務所工事課
 電話 042-643-2651

ページの先頭へ戻る