トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 11月 > 太陽光発電「屋根貸し」セミナー(地域版)を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2013年11月19日  環境局

太陽光発電「屋根貸し」セミナー(地域版)を開催
都と多摩市で連携して地域の取組を推進

 固定価格買取制度の開始により、太陽光発電の「屋根貸し」という設置手法への関心が高まっています。都では、この「屋根貸し」を推進するため、屋根の借り手と貸し手を結び付ける取組(マッチング事業)を行っています(平成25年9月25日発表)。
 この度、「屋根貸し」契約後もすぐに顔を合わせることができる一定地域内でのマッチングを図るため、都と多摩市で「屋根貸し」セミナー(地域版)を開催します。

写真

開催概要

1.日時・場所等

  • 日時
    平成25年12月16日(月曜)14時30分~17時00分
  • 場所
    永山公民館ベルブホール(多摩市永山1-5:京王線京王永山駅)
  • 定員
    150名(多摩市及び隣接市の発電事業者等を優先して受付)
  • 参加費
    無料
  • 申込
    TOKYO太陽エネルギーポータルサイト」から申込

2.プログラム

第1部 東京都「屋根貸し」マッチング事業の紹介(東京都環境局)

 「屋根貸し」について、発電事業者及び建物所有者双方のメリットを交え、分かり易くご説明します。また、「屋根貸し」マッチングに向けた都の取組を紹介します。
※屋根貸しの「賃貸借契約書モデル」と、留意点を示した「ガイドライン」を当日配布

第2部 多摩市の「屋根貸し」における取組の紹介(多摩市環境部)

 公共施設の「屋根貸し」を、市内の集合住宅や事業所への太陽光発電普及にむけてのリーディングプロジェクトとして実施中。屋根貸しにあたっての課題やリスクを検証し、「屋根貸しモデル」として今後、広く紹介していきます。

第3部 「屋根貸し」の実例紹介

  1. 建物所有者(住宅型有料老人ホーム「ゆいま~る聖ヶ丘」株式会社コミュニティネット 代表取締役 高橋英與氏)
    「屋根貸し」を実施した実例を通し、建物所有者にとっての「屋根貸し」のメリットを紹介していただきます。
  2. 発電事業者(多摩電力合同会社 副代表 秋元孝夫氏)
    実際の「屋根貸し」事業の具体的内容や事業実施に当たっての留意点を紹介していただきます。

※セミナー終了後に会場スペースを開放します。発電事業者と建物所有者の個別相談の場として活用してください(ブースは多摩市及びその隣接市の発電事業者が優先です)。

お早目の登録を!!発電事業者と屋根貸し希望の建物を募集しています

 「屋根貸し」を行う発電事業者と、太陽光発電設置用に貸し出しを希望する都内の屋根を募集中です。登録次第、ホームページに掲載しマッチング機会を提供しますので、お早目にご登録ください。
※登録方法等は「TOKYO太陽エネルギーポータルサイト」に掲載

問い合わせ先
(東京都「屋根貸し」マッチング事業全般について)
環境局都市エネルギー部再生可能エネルギー推進課
 電話 03-5388-3533
(「屋根貸し」セミナーについて)
公益財団法人東京都環境公社東京都地球温暖化防止活動推進センター(クール・ネット東京)TOKYO太陽エネルギー相談室
 電話 03-6744-7357

ページの先頭へ戻る