トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 11月 > “みて、ふれて、感じて”プロジェクトin名取を実施

ここから本文です。

報道発表資料  2013年11月29日  オリンピック・パラリンピック準備局

―ウォームアップジャパン from Tokyo―「被災地支援事業(アスリート派遣事業)」
「“みて、ふれて、感じて”プロジェクト in 名取」の実施について

 平成25年7月16日にお知らせしました「スポーツを通じた被災地支援事業」である「アスリート派遣事業」の第7回として、「“みて、ふれて、感じて”プロジェクト in 名取」を実施いたします。

事業概要

開催趣旨

 トップアスリートの指導を受けることにより、中学生に夢や勇気を与えるとともに、スポーツの持つ力や魅力を再認識してもらい競技力の向上を図る。また、市内の中学校の枠を超えた生徒同士の交流を目的とする。

主催

 東京都・一般社団法人日本アスリート会議

主管

 NPO法人名取市体育協会、名取市サッカー協会・名取市バスケットボール協会

後援

 名取市、名取市教育委員会、公益財団法人宮城県体育協会、仙台大学

期日

 12月7日(土曜日) 8時30分~17時00分

会場

 名取市民体育館アリーナ及び会議室

対象者

 市内でサッカー・バスケットボールの部活動を行っている中学生、各種目120名、計240名

指導者

 別紙1「アスリート プロフィール」参照

日程

写真
写真
※写真はイメージです

<サッカー 午前>
 8時30分~8時45分 受付
 8時50分~9時00分 開会セレモニー
 9時00分~12時00分 実技指導 講演「頑張るためにすべきこと」
 12時00分~12時10分 記念撮影
 12時10分~12時50分 昼食兼アスリートと懇談
<バスケットボール 午後>
 12時30分~12時45分 受付 チーム班分け
 12時50分~13時00分 開会セレモニー
 13時00分~14時00分 車椅子バスケのエキシビジョン・体験 講演「スポーツの力―目標を達成する方法―」
 14時00分~16時00分 チーム別に実技指導
 16時00分~16時10分 記念撮影
 16時10分~16時30分 参加者着替え・コート片付け
 16時30分~16時50分 アスリートと懇談


問い合わせ先
スポーツ振興局スポーツ事業部事業推進課
 電話 03-5320-7726
一般社団法人日本アスリート会議
 電話 06-6292-5055(一般社団法人アスリートネットワーク内)
NPO法人名取市体育協会
 電話 022-399-6531

ページの先頭へ戻る