トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 11月 > 在宅医療廃棄物の適正処理に向けた取組について

ここから本文です。

報道発表資料  2013年11月13日  環境局

在宅医療廃棄物の適正処理に向けた取組について

 東京都は、高齢化の進展と医療技術の進歩により増加の見込まれる在宅医療廃棄物について、関係者間の情報共有、患者や介護者の立場を考慮した適正処理の今後の方向性を検討するため、「在宅医療廃棄物の適正処理に関する検討会」を設置し、平成24年12月から平成25年9月までの間、5回にわたり検討を重ねてきました。
 このたび検討結果のとりまとめを行いましたので、お知らせいたします。
 引き続き、東京都は、関係者と連携し、在宅医療廃棄物の適正処理に取り組んでいきます。

1 検討内容

  1. 使用済み注射針回収事業の検証(開始後10年経過)
  2. 使用済み注射針以外の在宅医療廃棄物(非鋭利な在宅医療廃棄物)の適正処理

2 検討会の構成

  • 処方者
    東京都医師会、東京都歯科医師会
  • 販売者
    東京都薬剤師会
  • 生産者
    (医療機器業界)日本医療機器産業連合会
    (製薬業界)日本製薬団体連合会
  • 行政
    (特別区)世田谷区、葛飾区(平成24年度)、北区(平成25年度)
    (多摩地域)狛江市、東大和市
    (東京都)東京都環境局廃棄物対策部
  • 事務局
    環境局廃棄物対策部一般廃棄物対策課

3 とりまとめの結果

(1) 別紙 「在宅医療廃棄物の適正処理に関する検討会 とりまとめ(概要)」(PDF形式:46KB)
(2) 別添 「在宅医療廃棄物の適正処理に関する検討会 とりまとめ」(PDF形式:213KB)

問い合わせ先
環境局廃棄物対策部一般廃棄物対策課
 電話 03-5388-3581

ページの先頭へ戻る