トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 10月 > こころの病気に関する世論調査の結果

ここから本文です。

報道発表資料  2013年10月30日  生活文化局

「こころの病気に関する世論調査」結果

 この度「こころの病気に関する世論調査」の結果がまとまりましたので、お知らせします。この調査は、こころの病気に関する都民の意識を把握し、今後の施策推進の参考とするものです。

調査結果のポイント

こころの健康状態及びこころの健康に関する知識

  • 不安やストレスの有無-「感じる」が65%
  • こころの病気にかかる可能性
    「自分自身がかかる可能性がある」は30%、「家族や友人など周囲の人がかかる可能性がある」は53%
  • こころの病気の認知度
    うつ病、パニック障害、認知症、アルコール依存症はいずれも80%以上、統合失調症は68%
    (「病気の内容を知っていた」と「名前は聞いたことがある」の合計)

こころの病気について知る機会

  • こころの病気がある人と話した経験-「ある」が55%
    話した場所は、「家庭・隣近所などの生活の場」が55%、「職場」が46%
  • こころの病気がある人や家族の相談に乗った経験-「ある」が45%
  • 情報の入手度
    「積極的に情報を得るようにしている」と「機会があれば情報を得るようにしている」の合計は54%
    情報を得ようとしていない理由は、「関心がない」が38%、「どのように得ればいいのか分からない」が24%
  • 相談窓口の認知度
    「区市町村相談窓口」33%、「保健所」27%、「精神保健福祉センター」20%

こころの病気がある人との関わり方

  • 家族や親しい親戚がこころの病気になった場合の考え
    「自分から相談に乗ろうと思う」25%、「家族や周囲の人と相談した上で対応したいと思う」65%
  • こころの病気がある人が隣近所に暮らした場合の接し方
    「自分から相談に乗ろうと思う」と「困っていたら相談に乗ろうと思う」の合計は49%

こころの病気に対する社会の理解促進

  • 社会の理解を深めるために効果的なこと
    「行政による普及啓発」86%、「病気のある人が働きやすい環境づくり」84%、「学校教育」83%
    「病気のある人の家族による情報発信」74%、「病気のある人の家族との交流促進」74%

※調査結果の概要[テキスト版/PDF版:224KB]
調査結果(全文)

問い合わせ先
生活文化局広報広聴部都民の声課
 電話 03-5388-3133

ページの先頭へ戻る