トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 10月 > 「平成23年患者調査 東京都集計結果報告」の結果

ここから本文です。

報道発表資料  2013年10月4日  福祉保健局

入院患者数は横ばい、外来患者数は増加
「平成23年患者調査 東京都集計結果報告」の結果から

 この度、東京都は、平成24年11月に厚生労働省が公表した「平成23年患者調査」の集計結果をもとに、東京都分を集計しましたので、お知らせします。この調査は3年ごとに実施されているものです。

1 主な内容

<都民の推計患者数>

  • 調査日の推計患者数は、入院10万6千人、外来82万6千人となっている。
  • 傷病分類別では、入院患者は「精神及び行動の障害」が20.3%、外来患者では「筋骨格系及び結合組織の疾患」が18.5%でトップ。

<都民の受療率(人口10万対推計患者数)>

  • 全国と比べ、入院受療率は低く、外来受療率は高い。
    <入院> 都:804 全国:1,068
    <外来> 都:6,261 全国:5,784
  • 前回調査と比べ、入院受療率は減少、外来受療率は増加。
    参考:(平成20年) 入院:819 外来:5,021

<流入・流出患者割合>

  • 入院
    • 都内への流入患者割合(13.3%)が、全国(5.7%)を上回るとともに、他県への流出患者割合(14.5%)も全国(5.7%)を上回っている。
    • 65歳以上で、流出が流入を上回っている。
  • 外来
    • 都内への流入患者割合(8.1%)は全国(2.7%)を上回っており、他県への流出患者割合(2.5%)は全国(2.7%)と同程度となっている。
    • 全ての年齢階級・傷病で流入が流出を上回っている。

※流出患者:他県施設で受療した都民患者 流入患者:都内施設で受療した都民以外の患者

2 調査の目的、対象、方法等

(1) 調査の目的

 この調査は、病院及び診療所(以下「医療施設」という。)を利用する患者について、その傷病状況等の実態を明らかにし、医療行政の基礎資料を得ることを目的とする。

(2) 調査の対象及び客体

 全国の医療施設を利用する患者を対象として、地域別推計が可能となるよう層化無作為抽出した医療施設における患者を客体とした。

 標本数(施設数)

  • 病院
    入院:6,428施設、外来:3,303施設(うち都内施設 407施設)
    抽出率 入院10分の7.6、外来10分の3.9
  • 一般診療所
    5,738施設(うち都内施設 165施設)
    抽出率 100分の6.3
  • 歯科診療所
    1,257施設(うち都内施設 37施設)
    抽出率 100分の1.9

※なお、歯科診療所は外来のみ調査

(3) 調査の周期及び期日

  • 調査の周期
    3年に1度
  • 調査の期日
    病院については、平成23年10月18日(火曜)~20日(木曜)の3日間のうち病院ごとに指定した1日とし、診療所については、平成23年10月18日(火曜)、19日(水曜)、21日(金曜)の3日間のうち診療所ごとに指定した1日とした。
    また、退院患者については、平成23年9月1日~30日までの1ヶ月間とした。

(4) 主な調査事項

 性別、出生年月日、患者の住所、入院・外来の種別、受療の状況等

(5) 利用上の注意

 この調査における患者数とは、調査当日に医療施設で受療した患者数を推計したものである。したがって、1年間の受療状況を推計したものではなく、また、その傷病を有するすべての患者数を推計したものでもない。さらに、この調査はいわゆる1日調査であるため、調査当日の天候等の影響を受けやすいので、年次比較の際は注意が必要である。

3 結果の概要

 別添「結果の概要」(PDF形式:212KB)のとおり

問い合わせ先
福祉保健局総務部総務課
 電話 03-5320-4033

ページの先頭へ戻る