トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 10月 > 特定整備路線 補助第26号線(千早)の事業に着手

ここから本文です。

報道発表資料  2013年10月28日  建設局

特定整備路線 補助第26号線(千早)の事業に着手します

 本日(10月28日)、以下の路線について、国土交通省から都市計画事業の認可を取得し、事業を実施いたしますのでお知らせします。

路線名 施行箇所 延長 計画幅員 事業期間 事業費 担当事務所
補助
第26号線
豊島区
千早四丁目
~要町三丁目
460メートル 20メートル 平成25年度
~平成31年度
38億円 第四建設事務所

 補助第26号線は、品川区東大井一丁目から板橋区氷川町に至る延長約22キロメートルの都市計画道路です。このうち、豊島区千早四丁目から同区要町三丁目までの延長460メートルの区間について事業に着手します。本区間は、「木密地域不燃化10年プロジェクト」の「特定整備路線」であり、この道路を整備することにより木造住宅密集地域である「南長崎・長崎・落合地域」の防災性の向上が図られます。

事業の概要

 本事業は、幅員11メートルの道路を幅員20メートルに拡幅整備するものです。車道は2車線、その両側に自転車道(2.0メートル)と歩道(幅員3.5メートル)を整備します。また、あわせて電線類の地中化や街路樹の植栽を行います。

事業の効果

  1. 災害時の避難・救援路としての機能が強化されるなど、地域の防災性が向上します。
  2. 交通の円滑化が図られ、環状道路ネットワークが強化されるとともに、歩行者や自転車の通行の安全性、快適性が向上します。
  3. 電線類の地中化や街路樹の植栽により、良好な都市景観を創出します。

※別添 特定整備路線 補助第26号線(千早) 案内図(PDF形式:266KB)

「2020年の東京」ヘのアクションプログラム2013事業
 本件は、「2020年の東京」へのアクションプログラム2013において、以下の目標・施策に指定しています。
 目標1 高度な防災都市を実現し、東京の安全性を世界に示す
 施策1 震災対策に集中的に取り組み、地震に負けない都市を造る
(7 木密地域不燃化10年プロジェクトの推進)
 目標3 水と緑の回廊で包まれた、美しいまち東京を復活させる
 施策9 首都にふさわしい美しい都市景観を創出し、東京の価値を高める
(3 無電柱化により魅力ある街並みを創出)

問い合わせ先
建設局道路建設部計画課
 電話 03-5320-5324

ページの先頭へ戻る