ここから本文です。

報道発表資料  2013年10月24日  福祉保健局

11月は児童虐待防止推進月間です

 昨年度、都内の児童相談所が対応した虐待の件数は4,788件で、この10年間で約2倍となっています。
 次世代を担う子供たちが健やかに育つため、絶対にあってはならない児童虐待。しかし、幼い命が奪われる痛ましい事件が後を断ちません。
 「虐待かな?」と思ったら、迷わずに児童相談所にご連絡をお願いします。内容が虐待でなかった場合でも、連絡をした方が責任を問われることはありません。
 虐待は、皆さんのちょっとした「目配り」「気配り」で防ぐことができます。
 都では、児童虐待防止月間の11月を中心に、関係機関・団体と協力し、様々な児童虐待防止の普及啓発活動に取り組みます。

オレンジリボン

 オレンジリボンには「児童虐待防止」というメッセージが込められています。一人でも多くの方々に「児童虐待防止」に関心を持ってもらい、児童虐待の悲劇を繰り返さないために、一人ひとりに何が出来るのかを呼びかけていく活動が「オレンジリボンキャンペーン」です。オレンジ色は子供たちの明るい未来を表しています。


推進月間における主な普及啓発活動

1 メトロビジョン

 地下鉄車両内の東京メトロビジョンにおいて15秒CMを放送
(銀座線、丸の内線、東西線、千代田線、半蔵門線、有楽町線、副都心線の7路線)

2 啓発グッズの配布

 各区市町村等に、ポスター、チラシ、ステッカーなどを、スポーツイベント時などで、オレンジリボングッズを、配布

オレンジリボン運動のイベント

  • 11月10日(日曜日) 13時00分~ サッカー FC東京×セレッソ大阪戦 場所・味の素スタジアム
  • 12月16日(月曜日) 19時00分~ アメフト Xリーグ決勝戦 場所・東京ドーム

※このほか、パソコン、スマートフォン用特設サイトなどでも、広く広報します(11月1日から開設予定)。

※児童虐待防止推進のシンボルとして普及を図ってきた「オレンジリボン」に、今般、「OSEKKAIくん」が加わり、オレンジリボンキャンペーンの取組を一層広げてまいります!

優しく、温かく、親子を見守るOSEKKAIくん

問い合わせ先
福祉保健局少子社会対策部家庭支援課
 電話 03-5320-4090

ページの先頭へ戻る