トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 10月 > 25年度下水道局「事故予防対策強化月間」を実施

ここから本文です。

報道発表資料  2013年10月24日  下水道局

平成25年度「事故予防対策強化月間」を実施します
全力で事故ゼロを目指します

 下水道局では、工事事故を防止するための対策に全力を挙げて取り組んでいます。
 特に、工事が最盛期を迎える11月を事故予防対策強化月間とし、様々な取組により安全管理の徹底を図るとともに、工事に携わる一人ひとりの安全意識のさらなる高揚を図り、事故ゼロを目指します。

期間

 平成25年11月1日(金曜)から11月30日(土曜)まで

重点テーマ

  • 重大事故撲滅に向けた活動の継続と強化
  • 埋設物損傷事故削減対策の強化

事故予防対策強化月間中の主な取組内容

工事安全管理者講習会の開催

当局職員、受注者等を対象に、安全管理優秀現場の取組発表、東京労働局からの安全管理についての特別講演などを行い、安全意識の高揚を図ります。
また、当日は、安全管理優秀現場及び安全標語の表彰式を実施します。

下水道技術実習センターを活用した危険体感訓練

本年10月に開講した下水道技術実習センターを活用し、安全帯ぶら下がり、飛来落下の衝撃等の危険体感教育を実施し、職員の安全管理能力の向上を図ります。

パトロールの強化

重点テーマに掲げた項目を中心に、埋設物管理者等関係機関との連携や事務所間のクロスチェックなどのパトロール強化により、安全管理の徹底を図ります。

安全標語等を活用した安全管理の徹底

安全標語を表示したポスターの掲示や危険予知活動への活用などにより、工事関係者への安全管理の徹底を図ります。(安全標語ポスターは別紙(PDF形式:118KB)のとおり)

安全標語

  • 「目で確認 かならずあるぞ 埋設管」
  • 「安心と 命をつなぐ 安全帯」
問い合わせ先
下水道局計画調整部技術開発課
 電話 03-5320-6601

ページの先頭へ戻る