トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 10月 > 諏訪2丁目住宅の建替えによる新しいマンションが竣工

ここから本文です。

報道発表資料  2013年10月16日  都市整備局

諏訪2丁目住宅の建替えによる新しいマンションが竣工
(多摩ニュータウン再生の第一歩)

  • 諏訪2丁目住宅は、昭和46年に多摩ニュータウンで最初に入居が開始されたマンションですが、平成23年から建替事業が進められ、この度、竣工する運びとなりました。
  • 本住宅の建替えは、都や多摩市等が進めている多摩ニュータウン再生の先駆けとなる事業であり、マンション建替え円滑化法を活用した、国内最大規模(640戸→1,249戸)のマンション建替え事業となります。
  • 都は、多数の区分所有者による建替えに向けた合意形成を円滑に進めるため、都市計画の変更や、建設工事費等の一部助成、仮移転先としての都営住宅の提供などの支援を行ってきました。

 なお、本件につきましては、建替組合、参加組合員(東京建物株式会社)、多摩市による同時プレス発表を行っています。

※建替事業の概要等については、別紙参照(PDF形式:412KB)

問い合わせ先
都市整備局住宅政策推進部マンション課
 電話 03-5320-4941

ページの先頭へ戻る