トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 10月 > 固定価格買取制度を活用した小水力発電設備が完成

ここから本文です。

報道発表資料  2013年10月1日  水道局

固定価格買取制度を活用した小水力発電設備の完成

 都の施設として初めて全発電電力を再生可能エネルギー固定価格買取制度を活用して売電する小水力発電設備が葛西給水所内に完成し、平成25年10月1日より運転を開始しましたのでお知らせします。
 再生可能エネルギーについては、今後も費用対効果を図りつつ導入を拡大し環境負荷低減や社会全体の電力供給に貢献していきます。

1 設置施設・場所

 東京都水道局葛西給水所(東京都江戸川区北葛西三丁目9番)
 配水池の引入管部(引入余剰圧力を利用)

2 発電規模

 最大出力 340キロワット
 予定発電電力量 約140万キロワット時/年
(一般家庭約420戸分の年間使用電力量に相当)

3 発電電力の売却

  • 売電先
    サミットエナジー株式会社(特定規模電気事業者(PPS))
  • 売電単価
    33.18円/キロワット時

4 効果

 再生可能エネルギーの有効活用と環境負荷低減に貢献し、年間約530トンのCO2削減が見込まれる。

※再生可能エネルギー固定価格買取制度:再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力など)を用いて発電された電気を、国が定める価格以上で一定期間電気事業者が買い取る制度。

※別紙 葛西給水所小水力発電設備(PDF形式:291KB)

問い合わせ先
水道局浄水部設備課
 電話 03-5320-6454

ページの先頭へ戻る