ここから本文です。

報道発表資料  2013年9月25日  建設局

六義園「寺子屋六義園」

 六義園(りくぎえん)では、「寺子屋六義園」として、六義園作庭のモデルとなった和歌の世界、国の名勝にも指定された「和歌の浦」とのつながりをテーマとした講座とパネル展を開催いたします。
 講座は、六義園と縁深い和歌山市、東洋学分野において日本最古であり最大の研究図書館「東洋文庫」の共催で、万葉集の歌枕として詠まれた和歌の浦と六義園のつながりを解き明かしていく「六義園と和歌の浦―歌枕の継承―」を開催します。
 万葉集、和歌山、そして六義園をめぐる、歴史の旅をぜひお楽しみください。

写真 写真
「和歌の浦」(和歌山県和歌山市) 六義園(妹背山のある「中の島」)

1 和歌の世界に触れる講座と東洋文庫ミュージアム・六義園めぐり

開催日

 平成25年11月17日(日曜)

場所

  • 【講座】東洋文庫 講演室
    • 住所
      文京区本駒込2-28-21
    • 交通
      JR山手線・東京メトロ南北線 駒込駅下車 徒歩8分
      都営三田線 千石駅下車 徒歩7分
      都営バス58系統・茶51系統「上富士前」下車 徒歩1分  
  • 【見学】東洋文庫ミュージアム、六義園(東洋文庫から徒歩2分)

スケジュール

<第一回>
 9時30分~10時00分 受付(※東洋文庫ミュージアム)
 10時00分~12時00分 講座「六義園と和歌の浦―歌枕の継承―」
 12時00分~14時00分 東洋文庫ミュージアム自由見学・休憩(昼食は各自)
 14時00分~15時00分 六義園ガイドツアー(案内:六義園ガイドボランティア)
 15時00分~解散

<第二回>
 10時30分~11時00分 受付(※六義園サービスセンター)
 11時00分~12時00分 六義園ガイドツアー(案内:六義園ガイドボランティア)
 12時00分~13時30分 東洋文庫ミュージアム自由見学・休憩(昼食は各自)
 13時30分~15時30分 講座「六義園と和歌の浦―歌枕の継承―」
 15時30分~解散

※第一回と第二回は、順番及び受付場所が異なりますが、内容は同じです。

講座内容

 「六義園と和歌の浦―歌枕の継承―」
 万葉集に詠まれた和歌の浦は、平安朝にいたって、「歌枕」となって歌人たちに親しまれ愛唱されています。その具体的な様相を、『六義記』に記された「八十八境」の歌と説明のいくつかを丁寧に読みながら、たどっていきます。

講師

 村瀬憲夫氏(近畿大学名誉教授)

講師プロフィール
写真

 村瀬憲夫(むらせのりお)
 1946(昭和21)年愛知県出身。名古屋大学大学院文学研究科修士課程修了。近畿大学名誉教授、文学博士。専攻は日本文学(万葉集)。
 学生時代から万葉集が好きで、楽しみ、学び、そして研究を続けている。
 主な著書に『万葉 和歌の浦―若の浦に潮満ちて―』、『萬葉集編纂の研究―作者未詳歌巻の論―』、『万葉びとのまなざし―万葉歌に景観をよむ―』等。


参加費

 1,000円
※参加費には、東洋文庫ミュージアムの入館料及び六義園の入園料(各1回限り有効)が含まれます。

定員

 各回70名(事前振込制)

申込方法

 往復はがきに 1) 参加希望の回(第一回、第二回のいずれかを明記) 2) 参加者全員(1通につき4名まで)の氏名・年齢、3) 代表者の氏名・住所・電話番号、4) 返信欄に返信先の住所・氏名をご記入の上、下記までお申し込みください。
【申込先】〒113-0021 文京区本駒込6-16-3
 六義園サービスセンター「寺子屋六義園」係
【締切日】10月25日(金曜)当日消印有効
※応募者多数の場合は抽選となります。
※結果は応募者全員に通知します。その際に当選の方に参加費のお支払い方法をご案内します。

共催

 和歌山市、公益財団法人東洋文庫

協力

 和歌山市観光協会、公益社団法人和歌山県観光連盟

写真 写真
昨年度の様子(東洋文庫での講座) 昨年度の様子(六義園ガイドツアー)

東洋文庫について

写真
東洋文庫外観

 過去六義園の敷地でもあった場所に位置する研究図書館。三菱第三代当主岩崎久彌氏が1924年に設立した、東洋学分野での日本最古・最大の研究図書館であり、世界五大東洋学研究図書館の1つに数えられる。
 蔵書数は国宝5点、重要文化財7点を含む約100万冊で、主に漢籍、洋書、和書、他アジア言語(韓・越・梵・イラン・トルコ・アラビア語等)を所蔵。


2 パネル展『六義園に映し出された和歌山市ってどんなところ?』

日時

 10月26日(土曜)~12月8日(日曜)

場所

 しだれ桜前広場

内容

 六義園作庭のモデルとなった「和歌の浦」(和歌山県和歌山市)をパネルを使って紹介します。

共催

 和歌山市

協力

 和歌山市観光協会、公益社団法人和歌山県観光連盟

3 和歌山の紹介ブース

日時

 10月26日(土曜)~12月8日(日曜)

場所

 しだれ桜前広場もしくは正門横

内容

 「和歌の浦」を中心に和歌山市のパンフレット、ポスターを設置します。

共催

 和歌山市

協力

 和歌山市観光協会、公益社団法人和歌山県観光連盟

六義園について

 特別名勝。五代将軍徳川綱吉の寵臣・柳沢吉保によって造られた和歌の趣味を基調とした回遊式築山泉水庭園。江戸時代に造られた大名庭園の中でも代表的なもので、明治期には三菱の創業者である岩崎彌太郎の別邸となった。庭園は万葉集や古今和歌集に詠まれた紀州(現在の和歌山県)の景勝地「和歌の浦」の景色をはじめ、その周辺の景勝地や中国の故事に因んだ景観が映し出されている。

  • 開園時間
    9時00分~17時00分(最終入園は16時30分)
  • 休園日
    12月29日~1月1日
  • 住所
    文京区本駒込6-16-3
  • 交通
    JR山手線・東京メトロ南北線 駒込駅下車 徒歩7分
    都営三田線 千石駅下車 徒歩10分
    ※駐車場はございません。
  • 入園料
    一般 300円 65歳以上 150円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
  • 問い合わせ先
    六義園サービスセンター 電話:03-3941-2222
  • 庭園ガイド
    土曜日・日曜日・祝日 11時00分、14時00分(各回1時間程度)
    ※荒天・雨天時中止の場合あり
     集合:サービスセンター前 参加費:無料
  • 英語ガイド
    毎月第1・第3日曜日 11時00分、14時00分(各回1時間程度)
    ※荒天・雨天時中止の場合あり
     集合:サービスセンター前
     参加費:無料
    ※六義園では、震災の影響で園内に一部立ち入りができない箇所があります。あらかじめご了承ください。

交通案内

地図

園内マップ

地図

問い合わせ先
(公財)東京都公園協会総務課
 電話 03-3232-3038
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る