トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 9月 > 奥多摩周遊道路に新たな視点の警告板を試行設置

ここから本文です。

報道発表資料  2013年9月19日  建設局

奥多摩周遊道路に新たな視点の警告板を試行設置します

 奥多摩周遊道路は、東京都檜原村と奥多摩町を結ぶ延長19.7キロメートルの風光明媚な都道であり、山梨県との境に位置しています。この地域は、秩父多摩甲斐国立公園内の急峻な山々に囲まれており、新緑の季節から秋の紅葉時期にかけて、非常に多くの観光客が訪れる観光道路にもなっています。また、ツーリングの聖地としても知られ、二輪車が多く集まることから、事故防止に向けた新たな視点での警告板を試行設置します。
 試行設置する警告板は、「道路線形警告板」と「速度抑制警告板」の2種類です。「速度抑制警告板」の一部については、漫画「ばくおん!!」のイラストを用いています。
 秋の全国交通安全運動が9月21日~30日まで実施されることから、警告板を交通安全運動初日である21日から設置します。
 また地元警察署においても「ばくおん!!」のイラストを用いた二輪車向けの交通安全ポスターを掲示する予定です。
 試行後、皆様のご意見をいただきながら、警告板の効果等について検証を実施してまいります。

警告板の試行期間

 平成25年9月21日~平成27年3月31日

警告板の概要と設置枚数

 デザインと設置場所は別紙(PDF形式:297KB)参照

1) 道路線形警告板

 事故が多発している区間(約250メートル)の道路線形を表示し、急カーブや複合カーブを事前に運転者に警告するものです。9箇所に設置します。

2) 速度抑制警告板(イラスト無し)

 道路の直線部において、速度の出し過ぎを警告するものです。色彩については、心理的に気持ちを静める効果のある青色としました。また警告の言葉も同意を求める表現としています。6箇所に設置します。

3) 速度抑制警告板(イラスト有り)

 「ばくおん!!」のキャラクターが速度の抑制を呼びかける内容です。言葉の表現については、それぞれのキャラクターの性格を反映したものとなっています。3箇所に設置します。

問い合わせ先
東京都西多摩建設事務所奥多摩出張所
 電話 0428-83-3634

ページの先頭へ戻る