トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 9月 > 24年度東京都指定管理者の管理運営状況評価結果

ここから本文です。

報道発表資料  2013年9月18日  総務局

平成24年度東京都指定管理者の管理運営状況評価結果の公表について

 平成24年度の東京都指定管理者による公の施設の管理運営状況について、施設を所管する各局による評価結果がまとまりましたので、お知らせいたします。

1 評価の目的

 本評価は、管理の履行状況、安全管理、法令遵守、サービスの利用状況、行政目的の達成といった観点から指定管理者の業務実施状況等について第三者の視点を含めた評価を行い、その結果を今後の施設管理運営に反映していくことで都民サービスの向上を図っていくことを目的としています。

2 評価の方法

 毎年度、施設を所管する都の各局が、指定管理者が提出する履行確認書の確認・分析、利用者アンケート、ヒアリング、実地調査等を実施した上で一次評価を行います。
 さらに、その結果をもとに、施設特性に応じて設置した過半数が外部委員により構成される評価委員会で行う二次評価を踏まえて各局が評価結果を決定し、公表するものです。(※評価の観点については、資料1参照)

3 評価対象施設数

 210施設
 (※都営住宅等は1施設として扱っています。)

4 評価結果

 評価区分S:22施設(管理運営が優良かつ特筆すべき実績・成果)
 評価区分A:186施設(管理運営が良好)
 評価区分B:2施設(管理運営が一部良好でない)
 (※詳細は資料2参照)

5 評価結果の活用

 本評価は、指定管理者が改善すべき点、優れている点を認識し、日常サービスのチェックや改善に継続的に取り組んでいくことを促す取組です。今後とも評価の適正性・客観性を確保しつつ、評価結果を踏まえた適正な施設の管理運営を進め、都民サービスの向上に取り組んでいきます。

6 主な取組事例

(1) サービス向上の取組

  • 池のしゅんせつと排水設備の修復を行い、荒廃していたバードサンクチュアリーを40年ぶりに再生(東京都立代々木公園)
  • 樹林墓地の使用を円滑に開始するため、説明会、マスコミ対応、パンフレット作成等を実施(東京都小平霊園)
  • ジャイアントホークフィッシュの国内初展示に成功(東京都葛西臨海水族園)

(2) 経営改善の取組

  • 企画、展示内容の充実などによる有料施設の利用者数の増加(東京都現代美術館、東京都立浜離宮恩賜庭園、東京都立六義園等)
  • 高齢者・障害者等への対応について、安否確認においてより迅速な情報収集及び入室確認を実施するため、マニュアルの見直しを実施(都営住宅等)

7 施設別の評価結果について

 今回、評価を実施した各施設(210施設)の評価結果については、以下のホームページからご覧ください。

※資料1 評価の観点(PDF形式:120KB)
※資料2 平成24年度 東京都指定管理者管理運営状況評価結果一覧(PDF形式:182KB)

問い合わせ先
(評価制度に関する問い合わせ先)
総務局行政改革推進部行政改革課
 電話 03-5388-2337
(評価結果・評価内容に関する問い合わせ先)
各施設所管局所管課
(各局の報道発表資料をご覧ください)

ページの先頭へ戻る