トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 9月 > 東京教師養成塾「特別支援学校コース」を新設

ここから本文です。

報道発表資料  2013年9月12日  教育庁

東京教師養成塾「特別支援学校コース」の新設について

 東京都教育委員会では、豊かな人間性と実践的な指導力を兼ね備えた小学校教員を学生の段階から養成するため、区市町村教育委員会や教員を養成している大学と連携し、東京教師養成塾を設置しています。この度、これまでの「小学校コース」に加え、新たに「特別支援学校コース」を、以下のとおり、新設しますのでお知らせします。

1 目的

 障害のある児童・生徒の増加、重度・重複化や多様化に対応できるよう、特別支援学校教諭の免許を有し、豊かな人間性と高い専門性を兼ね備えた教員を養成する。

2 開始年度

 平成26年度から開始

3 募集する人数等

 20名程度。なお、現在の東京教師養成塾150名程度の内数とする。
(小学校コース130名+特別支援学校コース20名=150名)

4 募集する校種

 小学部 5名程度 中学部・高等部 15名程度 合計 20名程度

5 募集する特別支援教育の領域

 知的障害及び肢体不自由

【参考】東京教師養成塾の概要

  • 目的
    社会の変化や子供・保護者の願いを的確に捉えられるよう、豊かな人間性と実践的な指導力を兼ね備えた教員を養成する。
  • 内容
    1年間にわたり、学校での特別教育実習や、講義、ゼミナール、体験活動の各講座を通して学ぶ。
  • 開始年度
    平成16年度から開始
  • 募集する人数等
    小学校教諭一種免許状課程認定大学で、東京都教育委員会が連携する大学に在籍し、推薦基準に基づき学長が推薦した大学4年生及び大学院2年生150名程度とする。

問い合わせ先
東京都教職員研修センター研修部教育開発課
 電話 03-5802-0316

ページの先頭へ戻る