トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 8月 > 9月は高齢者被害防止キャンペーン月間です

ここから本文です。

報道発表資料  2013年8月19日  生活文化局

9月は 関東甲信越ブロック共同
高齢者被害防止キャンペーン月間です

 平成24年度に都内消費生活センターに寄せられた、高齢者の消費生活相談件数は33,541件となり、4年連続で3万件を超えています。また、全相談件数に占める割合は年々増加しており、平成24年度においても全体の3割近くを占めています。平均契約金額は229万円で、相談全体の平均金額163万円と比較しても高額となっています。
 東京都では、高齢者の消費者被害未然防止・早期発見を目的として、9月を「高齢者被害防止キャンペーン月間」とし、様々な啓発事業を実施します。

キャンペーン期間

 平成25年9月1日から30日まで

関東甲信越ブロックで共同キャンペーンを実施し、共通ポスター・リーフレット等により周知、啓発を行います。

ポスター(B2判、B3判)

 高齢者関連施設・区市町村消費生活センターなどに配布し、見守りの大切さや相談窓口の周知を図ります。また、キャンペーン期間中、都営地下鉄各線、都バス、都電、民営バス(多摩地域等)で車内広告を実施します。

イメージ

リーフレット

 悪質商法の手口とともに、周りの人々の気づきや対応のポイントを解説したリーフレットを高齢者施設・区市町村消費生活センターなどで配布します。

ステッカー

 介護事業者を対象に、「高齢者被害110番」「高齢消費者見守りホットライン」の電話番号を掲載したステッカーを配布します。

高齢者被害防止啓発グッズ

 「高齢者被害110番」の電話番号を掲載した高齢者被害防止啓発グッズ(マルチケース)を配布します。

「高齢者被害特別相談」を実施します

 キャンペーン期間中、東京都では、以下のとおり「高齢者被害特別相談」を実施します。

 日時:9月11日(水曜)・12日(木曜)・13日(金曜) 午前9時00分から午後5時00分まで
 東京都消費生活総合センター 高齢者被害110番 電話 03-3235-3366

 また、都内の区市町及び消費者団体でも「高齢者被害特別相談」を実施します。
 詳しくは、別紙をご覧の上、各機関の消費生活相談窓口等にお問い合わせください。

※別紙 平成25年度 「高齢者被害特別相談」 都内実施 区市町村及び消費者団体
※別添 リーフレット(PDF形式:476KB)

問い合わせ先
(啓発事業について)
東京都消費生活総合センター活動推進課
 電話 03-3235-1157
(特別相談について)
東京都消費生活総合センター相談課
 電話 03-3235-9294

〔別紙〕

高齢者被害の相談事例から

利殖商法

 A社からカンボジアの高齢者向け不動産所有権投資の書類が届いた数日後、B社から「封筒が届いているか」と電話があり、「2倍の金額で買い取るので代わりに購入して欲しい」と勧誘された。
 手元に現金があったので、5口申し込み、販売代理店C社に代金を現金書留で郵送した。送金後、C社から「増額すれば配当が得られ利益が出る」と言われ、増額分の代金を同様に支払った。その後、買取業者のB社の電話番号が変更されたり、通話の途中で電話が切れるので不審に思い、詐欺ではないかと心配になった。(契約当事者 70歳代)

次々販売

 高齢の母親が訪問販売で高額な布団類を多数契約している。いくつもの事業者が次々と訪問し、下取りを繰り返しては、新しい布団や湿気取り関係の押入れ用品などを販売するため、今ではどの事業者から何を購入したのかもよく覚えていないようだ。年金暮らしのため支払いも困難で、年金支給日に分割で何とか支払っているようだが、未払いの残高が100万円以上あり、これ以上支払えないという。解約は可能か。(契約当事者:80歳代)

二次被害

 以前、D社に「代理で買ってくれれば高く買い取る」と言われて外国通貨両替を申し込み、代金を支払ったが、連絡が取れなくなった。先日、E法人から「D社が警察に捕まり、被害回復されることとなった」と電話があり、保証金を振り込むようにと言われ、指定の口座に振り込んだ。E法人から、「心配なことがあれば連絡するように」と紹介された弁護士事務所に電話をしたところ、E法人とは関係が無いと言われた。(契約当事者 80歳代)

 30年くらい前に別荘地を320万円で購入した。先日、事業者から東日本大震災の被災者がこの辺の土地を買いたがっていると電話があった。処分したいと思っていたが、なかなか売れない土地だったので、来訪してもらうことにした。この土地を300万円で売却できると言われたので、媒介契約を交わし36万円を支払った。しかし、弟に話をしたところ、媒介契約で報酬を前払いするのはおかしいと言われ不安になった。解約したい。(契約当事者: 70歳代)

送りつけ商法(強引な代引き)

 自宅に頼んでいない健康食品の代金を請求する電話があった。2週間前に電話で注文を受けたというが、注文した覚えがない。金額も約3万円と高額である。注文をしていないと伝えたが、支払わないと裁判を起こすと言われた。今の時点で、商品は届いていない。事業者の連絡先に電話をかけてみたが、「現在使われておりません。」とアナウンスが流れた。(契約当事者:60歳代)

ページの先頭へ戻る