トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 8月 > 25年度第二回「東京ユビキタス計画」公募実験を選定

ここから本文です。

報道発表資料  2013年8月7日  都市整備局

来たれ!ユビキタス社会の実現を目指して!
平成25年度 第二回「東京ユビキタス計画」公募実験を選定しました

 東京都では、いつでも、どこでも、誰でもが、必要な情報をその場で手軽に得ることができるユビキタス社会の実現に向けて、「東京ユビキタス計画」を展開しています。
 平成19年度から、銀座等の実験フィールドを民間の技術の試行の場として提供し、ビジネスモデルの構築を促すこと等を目的として、民間公募実験を実施しています。
 この度、下記のとおり、平成25年度 第二回「東京ユビキタス計画」公募実験に参加する民間企業3グループ4社を選定しましたのでお知らせします(民間公募実験の募集概要については「東京ユビキタス計画」ホームページ(公開は終了しました)をご覧ください。)。

  実験名称 企業名
1 ucodeNFCタグを利用した送客実験 KDDI株式会社
ユーシーテクノロジ株式会社
2 ココシルを利用した銀座ツアー企画コンテスト 株式会社横須賀テレコムリサーチパーク
ユーシーテクノロジ株式会社
3 NFCとSmooth Readerを応用した待合わせ支援システム パーソナルメディア株式会社

※実験の概要については、別紙「公募実験概要」を参照してください。

 本件は、「2020年の東京」へのアクションプログラム2013において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標1 「高度な防災都市を実現し、東京の安全性を世界に示す」
 施策2 「自助・共助の力を最大限に活かし、被害の最小化と都市機能の早期回復を目指す」
 目標6 「少子高齢社会における都市モデルを構築し、世界に範を示す」
 施策18 「住み訪れる人が安心・快適に過ごすことができるまちを創る」

問い合わせ先
都市整備局総務部企画経理課
 電話 03-5388-3268

ページの先頭へ戻る