トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 8月 > 「みんなで知ろう違法(脱法)ドラッグ」サイトを開設

ここから本文です。

報道発表資料  2013年8月1日  福祉保健局

ウェブサイト「みんなで知ろう違法(脱法)ドラッグ」を開設
―STOP!DRUGS―

 昨今、若者の間で、合法ドラッグ・脱法ハーブなどと称して販売されている「違法(脱法)ドラッグ」の乱用が拡がりつつあります。違法(脱法)ドラッグは、麻薬や覚醒剤と同様に大変危険な薬物です。都では、その危険性について都民の皆様に周知するため、インターネットを活用した情報を発信しています。
 このたび、新たに違法(脱法)ドラッグに関する啓発用ウェブサイトを開設しました。このウェブサイトは、同時に実施するキーワード連動型広告からもアクセスすることができ、違法(脱法)ドラッグに興味を持つ人達に正しい知識を伝えます。

1 ウェブサイト

(1) 名称

 みんなで知ろう違法(脱法)ドラッグ

(2) URL(平成25年8月1日午後2時00分から公開)

 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/no_drugs
 スマートフォンからもアクセスできます。

(3) 特徴

  • 「合法と言われているお店で買ったから大丈夫と言われたんだけど本当に安全?」「先輩に誘われて断れません。よい断り方はないでしょうか?」、など、若者が抱える疑問に対して、Q&A形式を交えながら分かりやすく解説しています
  • ウェブサイトをPDF版で印刷し、地域の薬物乱用防止教室や学校の授業等に御活用いただけます。
  • SNS(Twitter、Facebook)ボタンを設置し、情報の共有と拡散を図ります。

イメージ
【ウェブサイトイメージ】

2 キーワード連動型広告(スポンサードサーチ※)

 インターネット検索サイトで、「合法ドラッグ」「脱法ハーブ」などのキーワードを入力すると、薬物の危険性を訴える警告メッセージを表示する取り組みを行います。
 警告メッセージからは、今回開設するウェブサイトに簡単にアクセスすることが可能となり、違法(脱法)ドラッグに関する正しい知識を学ぶことができます。

※スポンサードサーチとは、Yahoo!Japanが提供する検索連動型広告です。
 Yahoo!Japan提携サイトの検索結果などに掲載されます。

【キーワード連動型広告イメージ】
イメージ
※画面はサンプルです。実際の画面とは異なる場合があります。

3 その他

 都ではこのほかにも、次のような情報を発信しています。

イメージ
【違法(脱法)ドラッグについての若者向けリーフレット】

問い合わせ先
福祉保健局健康安全部薬務課
 電話 03-5320-4515

ページの先頭へ戻る