トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 7月 > 都政モニターアンケート結果 生活習慣病に対する意識

ここから本文です。

報道発表資料  2013年7月30日  生活文化局

平成25年度第1回インターネット都政モニターアンケート結果
生活習慣病に対する意識について

 今回の調査は、インターネット都政モニターを対象に“生活習慣病の認知度”や“生活習慣病対策で取り組むべきこと”など「生活習慣病に対する意識」について聞き、今後の都政運営の参考とするものです。

調査結果のポイント

  • 健康のために心がけていること
    第1位 栄養バランスや食べる量など、食習慣に気をつけている 80%
    第2位 意識して歩くなど、習慣的に運動をしている 72%
    第3位 健康診断を定期的に受けている 58%
  • 健康づくりを意識した食事や運動に取り組んでいない理由
    -「栄養バランスや食べる量など、食習慣に気をつけている」又は「意識して歩くなど、習慣的に運動をしている」を選ばなかった人(189人)に、その理由を聞いたところ、

    第1位 現在の体調で特に必要性を感じないから 26%
    第2位 時間がないから 23%
    第3位 面倒だから 20%
  • 生活習慣病の認知度(どんな病気か知っている生活習慣病)
    第1位 糖尿病 90%
    第2位 高血圧 87%
    第3位 がん 76%
  • 世界糖尿病デー(11月14日)の認知度
    知っていた 7%
    詳しくは知らなかったが、言葉は聞いたことがある 23%
    知らなかった 70%
  • 糖尿病について知りたいこと
    第1位 糖尿病を予防するための食事メニューや食事方法 64%
    第2位 日常的に気軽に取り組める運動方法 59%
    第3位 糖尿病を発症する原因やメカニズム 45%
  • 生活習慣病対策で行政が取り組むべきこと
    第1位 生活習慣病に関する知識の普及啓発 62%
    第2位 健康診断やがん検診の受診の呼びかけ 47%
    第3位 都民の健康状況に関する実態の把握と情報提供 45%

※インターネット都政モニターは、インターネットが使える20歳以上の都内在住者を対象に、性別、年代、地域等を考慮して500人を選任。

問い合わせ先
生活文化局広報広聴部都民の声課
 電話 03-5388-3139

〔資料〕

調査実施の概要

1 アンケートテーマ

 生活習慣病に対する意識について

2 アンケート目的

 生活習慣病に対する意識を把握し、今後の都政運営の参考とする

3 アンケート期間

 平成25年6月7日(金曜)正午から 平成25年6月13日(木曜)正午まで

4 アンケート方法

 インターネットを通じて、モニターがアンケート専用ホームページから回答を入力する

5 インターネット都政モニター数

 500人
 (インターネット都政モニターは満20歳以上の都民を対象に年度ごとに公募)

6 回答者数

 488人

7 回答率

 97.6%

生活習慣病に対する意識について

 東京都は、平成13年10月に「東京都健康推進プラン21」を策定し、都民の健康な長寿の実現を目指し取り組んできました。平成25年3月に策定した「東京都健康推進プラン21(第二次)(以下「プラン21」という。)」では、どこに住んでいても生涯にわたり健やかで心豊かに暮らせる社会を目指し、総合目標として「健康寿命※1の延伸」と「健康格差※2の縮小」を掲げ、これらを達成するために、生活習慣病の発症予防や生活習慣の改善の取組を更に強化することとしました。
 今後、東京都では「プラン21」に基づき、都民及び関係機関等と一体となって健康づくりの取組を推進していくために、一層効果的な施策を進めていくこととしております。
 糖尿病は、生活習慣病の代表的な疾患であり、多くの都民が糖尿病の有病者・予備群となっています。このため、「プラン21」では、糖尿病を特に重点的な対策が必要な分野のひとつとしています。
 今後の健康づくりの取組の参考とするため、生活習慣病に対する意識や糖尿病に関する東京都の施策について、都政モニターのみなさまのご意見をお伺いいたします。

※1 健康寿命・・・・・・「健康上の理由で日常生活が制限されることなく生活できる期間」(「プラン21」による)
※2 健康格差・・・・・・「都民の病気や健康状態についての区市町村間の違い」(「プラン21」による)

1 調査項目

Q1 健康状態の評価
Q2 健康のために心がけていること
Q3 健康づくりを意識した食事や運動に取り組んでいない理由
Q4 生活習慣病の認知度
Q5 生活習慣病に対する意識
Q6 世界糖尿病デーの認知度
Q7 ブルーサークルとブルーライトアップの認知度
Q8 糖尿病に対する理解
Q9 糖尿病に関する新聞折込チラシで役に立った記事
Q10 新聞折込チラシによる意識の変化
Q11 新聞折込チラシの紙面構成
Q12 糖尿病について知りたいこと
Q13 東京都が行う普及啓発の効果的な手法
Q14 生活習慣病対策で取り組むべきこと
Q15 生活習慣病についての自由意見

2 アンケート回答者属性

区分 n
全体 488 -
性別 男性 243 49.8
女性 245 50.2
年代別 20代 63 12.9
30代 97 19.9
40代 98 20.1
50代 68 13.9
60歳以上 162 33.2
職業別 自営業 44 9.0
常勤 169 34.6
パート・アルバイト 56 11.5
主婦 117 24.0
学生 29 5.9
無職 73 15.0
居住地域別 区部 345 70.7
市町村部 143 29.3

※集計結果は百分率(%)で示し、小数点以下第2位を四捨五入して算出した。そのため、合計が100.0%にならないものがある。
※n(number of cases)は、比率算出の基数であり、100%が何人の回答者に相当するかを示す。
※回答方法・・(3MA)=3つまで選択、(MA)=いくつでも選択

調査結果(PDF形式:433KB)

ページの先頭へ戻る