ここから本文です。

報道発表資料  2013年7月25日  福祉保健局

認知症の人が安心して暮らせるまち・東京を目指して
認知症シンポジウム「認知症の予防をめざすからだづくり」を開催します!

 東京都は、認知症に対する正しい理解の促進のため、平成19年度から「世界アルツハイマーデー」を記念し、毎年9月にシンポジウムを開催しています。
 第7回となる今回は、「認知症の予防をめざすからだづくり」をテーマに、認知症の予防について学ぶとともに、認知症の予防をめざすための実践プログラムについて考えていきます。

1 開催日時

 平成25年9月27日(金曜日) 午後1時30分から午後4時00分まで(午後0時30分開場)

2 開催場所

 なかのZERO 小ホール(東京都中野区中野二丁目9番7号)

3 定員

 500名

4 内容

(1) 第1部 基調講演

 テーマ 「認知症の予防とは」
 講師 高橋龍太郎氏 東京都健康長寿医療センター研究所 副所長

(2) 第2部 パネルディスカッション

  コーディネーター 高橋龍太郎氏 東京都健康長寿医療センター研究所副所長
パネリスト 藤原佳典氏 東京都健康長寿医療センター研究所
社会参加と地域保健研究チーム研究部長
木内聖子氏 板橋区おとしより保健福祉センター認知症・介護予防係
亀ヶ谷忠彦氏 群馬大学大学院保健学研究科リハビリテーション学講座助教
村上和子氏 ボランティア団体あすなろ会代表

5 その他

 参加を希望する方は平成25年8月30日(金曜日)までに、往復はがきかファクスに、氏名(ふりがな)・住所・年齢・職業・電話番号・ファクス番号を明記のうえ、下記申込先までお送りください。なお、応募多数の場合は抽選となります。

申込先

 認知症シンポジウム事務局【問い合わせ 電話:03-6279-9681】
 住所:〒166-0004 杉並区阿佐谷南3-1-23 東神阿佐ヶ谷ビル2階
 ファクス:03-6279-9614

※別紙 「世界アルツハイマーデー」について

 「2020年の東京」へのアクションプログラム2013事業
 本件は、「2020年の東京」へのアクションプログラム2013において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標6 「少子高齢社会における都市モデルを構築し、世界に範を示す」
 施策15「高齢者の多様なニーズに対応した社会システムを構築する」

問い合わせ先
福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課
 電話 03-5320-4276

ページの先頭へ戻る