ここから本文です。

報道発表資料  2013年7月8日  建設局

城北中央公園 夏の催し

1 歴史ガイドツアー「栗原遺跡見学と火起こし体験の会」

 城北中央公園では、敷地内にある「栗原遺跡」の紹介を通じて、古代の暮らしを学ぶ歴史ガイドツアーを開催します。
 「栗原遺跡」は、昭和30年(1955年)から翌年にかけて発掘され、縄文土器や弥生時代から平安時代にかけての竪穴式住居跡が発見されたものです。現在は、そのうち奈良、平安時代の住居が1棟復元されており、練馬区の登録史跡にもなっています。
 ツアーでは、歴史背景や古代の生活に関する解説を聞きながら遺跡を見学し、その後古代人が実際に行っていたとされる火起こしを体験することができます。
 夏休みの自由研究にも最適なプログラムとなっていますので、ご家族、お友達をお誘い合わせの上、ぜひともご参加ください。

栗原遺跡の竪穴式住居

(1) 日時

 平成25年8月3日(土曜)・4日(日曜) 10時00分~12時00分 ※雨天中止

(2) 場所

 城北中央公園(練馬区氷川台1-3-1)

(3) 集合

 9時45分に城北中央公園サービスセンター前

(4) 内容

 栗原遺跡の見学(講師の解説付き)、火起こしの体験

(5) 講師

 練馬区郷土資料調査員
 (栗原遺跡見学)
 公園職員
 (火起こし)

(6) 参加費

 無料

(7) 定員

 各日50名
 (小学生以下は保護者同伴)

(8) 申込方法

 城北中央公園サービスセンターの窓口もしくは電話で、先着順にて受け付けます。定員に余裕がある場合に当日参加も受け付けます。

(9) 後援

 練馬区

(10)問い合わせ先

 城北中央公園サービスセンター 電話:03-3931-3650

竪穴式住居の内部 舞いぎり式火起こしに挑戦

2 防災公園体験会「かまどベンチでそうめんにチャレンジ!」

 城北中央公園では、防災公園としての役割と機能を広く紹介し、かまどベンチを利用した炊き出しを体験していただくイベント「防災公園体験会『かまどベンチでそうめんにチャレンジ!』」を開催します。
 当園は、東京都における防災上の拠点となる公園の1つです。園内に整備された防災関連施設の機能、使い方及び都立公園における防災への取り組みなどを紹介し、実際にかまどベンチを使ってそうめんの炊き出しを行います。
 かまどベンチを用いての炊き出しは、災害時に役立つ経験であり、夏休みの自由研究にも最適なプログラムとなっています。ご家族、お友達をお誘い合わせの上、ぜひともご来園ください。

(1) 日時

 8月25日(日曜)
 10時30分~13時00分 ※少雨決行

(2) 場所

 城北中央公園(練馬区氷川台1-3-1)

(3) 集合

 10時15分に城北中央公園サービスセンター前

(4) 内容

 園内の防災関連施設の説明、防災トイレの組立体験、かまどベンチを使っての火起こし及びそうめんの炊き出し体験

(5) 参加費

 350円

防災トイレの組み立て かまどベンチで火起こし

(6) 定員

 50名(小学生以下は保護者同伴)

防災施設について解説 冷たいそうめんに舌つづみ

(7) 申込方法

 城北中央公園サービスセンターの窓口もしくは電話で、先着順にて受け付けます。
 定員に余裕がある場合に当日参加も受け付けます。

(8) 問い合わせ先

 城北中央公園サービスセンター 電話:03-3931-3650

交通案内

 東武東上線 上板橋駅南口下車 徒歩15分
 東京メトロ有楽町線・副都心線
 氷川台駅下車 徒歩20分

園内マップ

※『個人情報の取扱いについて』
 お申し込みの際に頂いた個人情報につきましては、当イベントに関わるご案内のみに使用します。また、お預かりした個人情報は、その保護について万全を期すとともに、ご本人の同意なしに第三者に開示、提供することはございません。ただし、法令等により開示を求められた場合を除きます。

問い合わせ先
(公財)東京都公園協会総務課
 電話 03-3232-3038
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る