トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 7月 > 西品川一丁目地区市街地再開発組合の設立認可

ここから本文です。

報道発表資料  2013年7月30日  都市整備局

西品川一丁目地区市街地再開発組合の設立認可について

 東京都は、都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、西品川一丁目地区市街地再開発組合の設立を下記のとおり認可しますのでお知らせします。
 今回の組合設立認可により、「品川区まちづくりマスタープラン(平成25年2月)品川区」及び「大井町-大崎都市軸整備計画(平成23年5月)品川区」における位置づけに基づく「大崎連携拠点」として大規模低未利用地の土地利用転換により、大崎駅周辺地域に立地する都市機能を補完しつつ地域に不足している大規模な緑の空間などの創出を図るものです。

1 事業効果

  • 大規模低未利用地の土地利用転換に合わせて周辺市街地との一体的な街区再編と土地の高度利用により、大崎駅周辺の副都心機能を補完し、周辺市街地と調和した業務・商業・住宅・工場等の良好な複合市街地の形成を図る。
  • 都市計画道路や区画道路の拡幅等により、大崎駅周辺の都市活性化拠点と本地区周辺の連携の強化を図るとともに、災害時の緊急輸送道路の整備や緊急車両の円滑な通行の確保により、地域の防災性の向上を図る。
  • 地区中央部に大規模な広場等を設け、平常時は、地域の憩いや潤いの場として利用するとともに、災害時には、周辺住民の一時避難地や耐震性、耐火性の高い建築物と一体的な防災活動等の場として活用し、みどり豊かで安全安心な市街地環境の形成を図る。

2 認可組合(施行者)の名称及び所在地

 西品川一丁目地区市街地再開発組合 品川区西品川一丁目1番1号

3 事業の名称

 東京都市計画 西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業

4 施行地区

 品川区西品川一丁目、西品川二丁目、西品川三丁目、大崎一丁目及び広町二丁目各地内

5 地区の概要

(1) 地区面積

 約3.9ヘクタール

(2) 計画概要

  • 施設規模
    延べ面積(A街区)約177,260平方メートル (B街区)約42,930平方メートル
    階数・高さ(A街区)地上24階/地下2階/塔屋1階 TP+120メートル
    (B街区)地上25階/地下1階/塔屋1階 TP+100メートル
  • 施設用途
    (A街区)事務所、店舗、駐車場等
    (B街区)住宅(約379戸)、事業所、駐車場等
  • 公共施設等
    都市計画道路の拡幅 補助163号 幅員 8.3メートル~9.6メートル→12メートル~16メートル 延長 約320メートル
    区画道路の拡幅 1号 幅員 2.5メートル~4.5メートル→8.0メートル~9.5メートル 延長 約270メートル
    区画道路の新設 2号 幅員 6.0メートル~16.0メートル 延長 約220メートル
    広場の新設 1号 面積 約6,000平方メートル、2号 面積 約1,000平方メートル
    緑地の新設 面積 約1,000平方メートル
    歩道状空地の新設 1号 幅員4.0メートル~6.0メートル 延長 約190メートル、2号 幅員4.0メートル 延長 約470メートル
    歩行者通路の新設 1号 幅員4.0メートル 延長 約60メートル
  • 総事業費
    約1,033億円

6 認可予定日

 平成25年7月31日(水曜)

7 認可の効果

 組合設立認可により、法人格を得て市街地再開発事業の施行者となり、事業に着手する。

今後の予定

  • 権利変換計画認可 平成26年3月
  • 建物工事着手 平成26年3月
  • 建物竣工 平成29年3月
問い合わせ先
都市整備局市街地整備部民間開発課
 電話 03-5320-5136

〔参考資料〕

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業

位置図

イメージ

公共施設配置図

イメージ

完成予想図(イメージパース)

イメージ

(東海道新幹線/横須賀線軌道敷方向からのイメージ)

ページの先頭へ戻る