ここから本文です。

報道発表資料  2013年7月18日  産業労働局

子供たちが木とふれあい木の良さを知る
木とのふれあい推進事業をスタートします!

 東京都では、森林の健全な循環(伐採、利用、植栽、保育)を促進するため、東京の木多摩産材の利用を推進しています。
 木は、特有の温かみや柔らかさのほか、健康にも良いなどの優れた特徴を有しており、子供たちのストレスを緩和する素材といわれています。
 本事業は、幼稚園や保育所等における内装木質化や什器・遊具整備の経費を助成することで、子供たちが多摩産材にふれる機会を広げ、多摩産材のPRを図っていくものです。

応募の概要

1 応募対象施設

 都内に所在する次の施設
 幼稚園、小学校、認可保育所、認証保育所、認定こども園
※国立及び公立の施設は対象としない

2 補助対象

  1. 内装木質化
    壁、床、建具等の仕上げ材として多摩産材を使用
  2. 木製遊具の整備
    多摩産材を使用した定置型木製遊具の整備
  3. 木製什器の整備
    多摩産材を使用した木製什器の整備

写真 写真 写真
内装木質化 木製遊具の整備 木製什器の整備

3 助成内容

 補助対象経費の2分の1以内で上限400万円

4 募集期間

 平成25年7月19日(金曜日)から8月20日(火曜日)まで

5 その他

画像

 募集等の詳細は「木とのふれあい推進事業実施要領」等をご覧ください。
 応募申請書は、東京都産業労働局農林水産部ホームページからダウンロードできます。

※別添 チラシ(PDF形式:2.29MB)

 本事業は「2020年の東京」へのアクションプログラム2013により、重点的に実施している事業です。
 目標3:水と緑の回廊で包まれた、美しいまち東京を復活させる
 施策7:緑のネットワークをつなげ、自然豊かな東京を次世代へ継承する

問い合わせ先
産業労働局農林水産部森林課
 電話 03-5320-4855

ページの先頭へ戻る