トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 7月 > タクシー待機列解消 隔地駐車場配車システム本格運用

ここから本文です。

報道発表資料  2013年7月18日  都市整備局

全国初!ETCを活用してタクシー待機列の解消へ
隔地駐車場配車システムの本格運用

 これまで、客待ちタクシーの待機列に伴う交通渋滞対策として、東京都、国土交通省関東運輸局、警視庁、中央区、タクシー業界などの関係者が連携し、タクシー待機列解消に向けた取組を行ってまいりました。
 この度、東京タクシーセンター、東京ハイヤー・タクシー協会、東京都個人タクシー協会で構成する「銀座ショットガン運営協議会」が、隔地駐車場からのタクシー配車システムの本格運用を開始しますのでお知らせいたします。
 なお、この取組は、これまで渋滞解消対策「ハイパースムーズ作戦」の一環として行った過去2回(平成20年度、平成22年度)の社会実験を踏まえ、本格運用を行うものです。

1 目的

 銀座地区では、指定された乗り場以外でのタクシー乗車が禁止される午後10時00分から翌午前1時00分の間、客待ちタクシーによる長い待機列が発生しており、特に銀座1号乗り場では、ピーク時に1キロメートル(約160台)を超える客待ちタクシーの待機列が交通渋滞や景観の悪化を引き起こしています。そこで、本システムの運用により待機列を解消し、円滑で安全な交通環境の実現を目指します。

2 概要

(1) 運用開始日時

 平成25年9月2日(月曜日)午後10時00分から

(2) 対象乗り場及び待機場

 乗り場:銀座1号乗り場
 待機場:築地川第一駐車場

(3) 配車システム運用時間

 午後10時00分から翌午前1時00分までの間【土曜・日曜・祝日及び休日を除く日】
※築地川第一駐車場への入場は午後9時00分から翌午前1時00分まで

(4) 実施方法

 銀座1号乗り場で客待ちするタクシーを築地川第一駐車場内で待機させ、ETCを活用した配車システムにより、乗り場での待機列が一定台数を超えないよう配車する。

3 配車システムの特徴

  • ITS技術(ETC)を活用した、隔地駐車場からの配車システムの導入は全国初
  • ETCアンテナを銀座1号乗り場及び築地川第一駐車場に設置して、待機車両台数を管理することで、自動での配車管理が可能

※別添 タクシー配車システム概要図(PDF形式:242KB)

問い合わせ先
都市整備局都市基盤部交通企画課
 電話 03-5388-3286

ページの先頭へ戻る