トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 7月 > 2013ジュニアスポーツアジア交流大会を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2013年7月12日  オリンピック・パラリンピック準備局

2013ジュニアスポーツアジア交流大会を開催!!
ASIA JUNIOR SPORTS EXCHANGE GAMES 2013
羽ばたけアジアの夢!東京から未来へ。

 東京都は、将来を担うジュニア選手のスポーツ交流を通じてアジアの競技力向上と次世代の人材育成に貢献するため、アジア14都市と東京都、岩手県、宮城県、福島県、茨城県を加えた国内外19都市が参加する「2013ジュニアスポーツアジア交流大会」を開催いたします。
 中学生年代の選手が出場するバドミントンは駒沢オリンピック公園総合運動場体育館、高校生年代の選手が出場する柔道は東京武道館にて、才能あふれるジュニア選手が白熱した試合を繰り広げます。
 また、8月31日(土曜)、9月1日(日曜)の2日間、来場された方に楽しんでいただけるイベントを併せて開催します。
 夏休み最後の思い出に、ご家族、ご友人と皆様お誘いあわせの上、是非ご来場ください!【入場無料】

1 開催概要

主催

 東京都、(公財)東京都スポーツ文化事業団、東京都バドミントン協会、(公財)東京都柔道連盟

日程・会場

画像
画像
  • バドミントン
    <試合日程>
     8月30日(金曜)9時30分~ 開会式・予選
     8月31日(土曜)9時30分~ 予選・順位決定戦
     9月1日(日曜)9時30分~ 順位決定戦
    <会場>
     駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館(世田谷区駒沢公園1-1)
  • 柔道
    <試合日程>
     8月31日(土曜)10時00分~ 開会式・個人戦
     9月1日(日曜)9時00分~ 団体戦
    <会場>
     東京武道館大武道場(足立区綾瀬3-20-1)

参加都市【19都市】(※柔道のみ)

 バンコク、デリー、ハノイ、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、ソウル、シンガポール、台北、ウランバートル、ヤンゴン、トムスク(※)、アスタナ(※)、ビエンチャン(※)、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、東京都

大会アンバサダー

 本大会をサポートし、選手を応援していただく方々です。
 藤井瑞希さん(2012ロンドンオリンピック バドミントンダブルス銀メダリスト)
 佐藤翔治さん(2012ロンドンオリンピック バドミントン日本代表)
 棟田康幸さん(2007年世界柔道選手権大会金メダリスト)

2 親子バドミントンクリニック参加者募集(参加費無料:事前申込制)

日時・場所

 8月31日(土曜)12時00分から13時00分まで(予定)駒沢オリンピック公園総合運動場体育館

講師

 森久子さん・岩田良子さん(いずれもヨネックス)

対象

 都内在住・在学の小学生と保護者1名(定員 30組60名)

3 関連イベント(8月31日及び9月1日)

  • 藤井瑞希さんサイン会(バドミントン会場9月1日のみ)、オリンピック柔道名場面の写真展(柔道会場)を開催。
  • 観戦された方には、先着でペットボトルホルダーをプレゼントいたします。(各会場、両日先着500名様限定)
  • 2020オリンピック・パラリンピックの招致実現を願い千羽鶴を作るプロジェクト、屋台の飲食ブースなど。

※詳細は別紙のチラシ(PDF形式:1.42MB)をご覧ください。最新情報はホームページで随時お知らせいたします。
※本大会は、アジア大都市ネットワーク21(アジアの13都市が参加する都市レベルの国際協力ネットワーク)の共同事業の1つ「アジアの若者の交流(ジュニアスポーツ交流)」として開催されています。

 本件は「2020年の東京」へのアクションプログラム2013において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標8「誰もがスポーツに親しみ、子供たちに夢を与える社会を創る」
 施策22「トップアスリートの育成と、誰もがいつまでもスポーツに親しめる環境を実現する」

問い合わせ先
スポーツ振興局スポーツ事業部事業推進課
 電話 03-5320-7714
(公財)東京都スポーツ文化事業団
 電話 03-5322-6051

ページの先頭へ戻る