トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 7月 > 災害時における応急仮設住宅の建設に関する協定を締結

ここから本文です。

報道発表資料  2013年7月10日  都市整備局

災害時における木造の応急仮設住宅の建設に関する協定の締結について

 東京都では、震災等により家屋が被災し、居住が困難となった方に対して、都営住宅などの公的住宅や、借上げによる民間賃貸住宅とともに、直接建設により、応急仮設住宅の供給を行うこととしています。
 仮設住宅の建設については、現在、プレハブ建築による住宅の建設に関する協定を締結していますが、更に、供給体制を重層化して充実を図り、震災等への備えを強化していくため、一般社団法人全国木造建設事業協会と、木造の応急仮設住宅の建設に関して、下記のとおり協定を締結することとなりましたので、お知らせいたします。

1 協定書名

 「災害時における木造の応急仮設住宅の建設に関する協定書」

2 協定締結先

 一般社団法人 全国木造建設事業協会

3 協定締結日

 平成25年7月11日(木曜)

4 協定の内容

 災害時に、東京都からの要請により、一般社団法人全国木造建設事業協会が、木造の応急仮設住宅の建設に関して、住宅建設業者の斡旋その他の必要な協力を行う。

5 協定締結式

(1) 日時

 平成25年7月11日(木曜)午前10時00分~10時15分

(2) 場所

 都庁第二本庁舎21階 都市整備局 局議室

(3) 出席者

 東京都都市整備局長 飯尾豊
 一般社団法人全国木造建設事業協会理事長 青木宏之

※別添 木造の応急仮設住宅の供給スキーム(PDF形式:61KB)

問い合わせ先
都市整備局都営住宅経営部住宅整備課
 電話 03-5320-4986

ページの先頭へ戻る