トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 6月 > 駅前放置自転車の現況と対策(24年度調査)

ここから本文です。

報道発表資料  2013年6月4日  青少年・治安対策本部

「駅前放置自転車の現況と対策-平成24年度調査-」について

 東京都は、毎年、都内の駅周辺における自転車、原動機付自転車及び自動二輪車の放置状況と区市町村等の取組について公表しています。
 このたび、平成24年度の調査結果を取りまとめましたのでお知らせします。

調査結果抜粋(概要は別紙資料のとおり※1)

自転車、原動機付自転車及び自動二輪車の放置台数は、52,796台 別紙[図-1]参照

 都内の駅周辺における自転車、原動機付自転車(以下「原付」という。)及び自動二輪車(以下「自二」という。)の放置台数は、52,796台でした。
 また、前年度と同じ調査方法では、34,700台(前年度比 7,611台減少)でした。
 (平成24年10月のうち任意の1日(晴天の平日)の午前11時頃に調査)

※今回の調査は、これまでの全国一律の調査方法(自転車100台以上、原付・自二はあわせて50台以上の駅のみ調査対象)に加え、自転車、原付及び自二各1台以上の駅を調査対象としました。

自転車等駐車場の収容能力は、898,013台(前年度比 ほぼ横ばい) 別紙[図-1]参照

 駅周辺における自転車等駐車場※2の収容能力は、898,013台(前年度比 ほぼ横ばい)となりました(平成24年9月末日現在)。

放置自転車等の撤去台数は、652,867台(前年度比 38,013台減少) 別紙[図-6]参照

 平成23年度に区市町村が撤去した放置自転車等は、652,867台(前年度比 38,013台減少)でした。また、同年度に持主に返還されたものは373,272台、引き取られずに処分されたものは、278,712台でした。

※平成23年度に返還された自転車の中には、平成22年度に撤去された自転車が含まれる場合があるなどにより、撤去台数と、返還台数と処分台数の合計数は一致しません。

※1 調査結果の全文は、交通安全課ホームページに掲載します。
※2 不特定多数の者が利用可能なもののみ(大型店舗の来店客等専用駐車場は除く。)

※青少年・治安対策本部公式ツイッターhttps://twitter.com/tocho_aochi

※別紙 「駅前放置自転車の概況と対策―平成24年度調査―」について 調査結果の概要(PDF形式:734KB)

問い合わせ先
青少年・治安対策本部総合対策部交通安全課
 電話 03-5388-3124

ページの先頭へ戻る