トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 6月 > 東京都介護雇用プログラム事業 受託事業者を選定

ここから本文です。

報道発表資料  2013年6月26日  福祉保健局

働きながら介護の資格をとる!
7月から受託事業者が求人を始めます!

平成25年度「東京都介護雇用プログラム事業」受託事業者を選定

 東京都では、緊急雇用創出事業として、平成21年度から「東京都介護雇用プログラム事業」を実施しています。本事業は、離職者等に対して介護現場での就業機会を創出し、雇用を拡大させると同時に、介護資格の取得を促進することで、介護分野の人材の確保及び育成を図ることを目的としたものです。
 このたび、平成25年5月に本事業を受託する事業者を募集し、応募のあった事業者について審査を行った結果、受託事業者を選定しましたので、お知らせします。
 働きながら介護の資格をとりたい離職者等の皆様、介護の現場で働きながら介護職員初任者研修修了をとれる、本事業を是非御利用ください。都から賃金・研修受講料などが受託事業者に支払われますので、雇用された方の負担はありません。

1 本事業により雇用される対象者

 離職を余儀なくされた非正規労働者、中高年齢者等の失業者のほか、事業を廃業した自営業主及びその家族従業者並びに高等学校等を卒業した未就職者等。

2 選定結果

(1) 受託事業者

 34事業者(154事業所)(別紙「チラシ」(PDF形式:596KB)のとおり)

(2) 雇用予定人数

 298名(介護職員初任者研修受講)

(3) 事業対象期間

 平成25年7月1日から平成26年3月31日まで(うち、雇用期間6ヶ月以内)
 受託事業者の選定方法
 東京都介護雇用プログラム受託事業者選定委員会を設置し、同選定委員会において、優れた内容であると認められる事業計画を提出した事業者を、合議により選定しました。

3 離職者の採用について

 本事業による採用は、受託事業者が直接行います。勤務条件や受講する研修などにつきましては、受託事業者に直接ご確認ください。
 受託事業者の情報については、福祉保健局ホームページにて公表するほか、都内ハローワーク及び東京都福祉人材センターに情報提供します。

4 今後のスケジュール

平成25年7月~ 今回選定の34事業者において離職者等の求人開始
6ヶ月以内の期間で雇用し、研修の受講や介護労働に従事

※詳細は福祉保健局ホームページをご覧ください。

問い合わせ先
福祉保健局高齢社会対策部介護保険課
 電話 03-5320-4267

ページの先頭へ戻る