トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 5月 > 医療・介護連携型サ付き住宅モデル事業第2回公募

ここから本文です。

報道発表資料  2013年5月17日  福祉保健局

東京都医療・介護連携型サービス付き高齢者向け住宅モデル事業
平成25年度第2回公募を開始します!
医療・介護が必要になっても安心して暮らせる高齢者向け住宅の普及促進に向けて

 この度、東京都医療・介護連携型サービス付き高齢者向け住宅モデル事業の平成25年度第2回公募を実施いたします。多くのご応募をお待ちしております。

1 モデル事業について(別紙参照)

 高齢者が医療や介護が必要になっても、安心して住み続けることができる住まいを充実させることを目的とし、サービス付き高齢者向け住宅に医療系事業所(診療所など)と介護系事業所(通所介護など)を併設・連携する場合の整備費の一部を補助する事業です。
 このモデル事業は、施設とは異なり、近隣の住民も医療系事業所・介護系事業所を利用できるため、地域の介護・医療の拠点ともなるといった特長があります。

※別紙 東京都医療・介護連携型サービス付き高齢者向け住宅モデル事業(PDF形式:505KB)

2 対象となる事業

※詳細は5の東京都福祉保健局ホームページを参照してください。

 次の1.及び2.の両方に該当するものとします。

  1. 医療系事業所と介護系事業所を併設したサービス付き高齢者向け住宅を新規又は改修により整備するもの
  2. 住宅内で提供される生活支援サービスと併設事業所により提供される医療・介護サービスの実施主体が相互に連携して、効果的なサービスを提供する体制が整備されているもの

3 整備費補助の概要(別紙参照)

 平成25年度予算総額 2億1032万5千円

4 公募期間

 平成25年5月20日(月曜日) 公募受付開始
 平成25年7月5日(金曜日) 応募提案書類受付締切

5 公募要項、審査基準等を掲載したホームページのアドレス

 ホームページ:福祉保健局トップページ⇒高齢者⇒自立生活の支援⇒東京都医療・介護連携型サービス付き高齢者向け住宅モデル事業

「2020年の東京」へのアクションプログラム2013事業
 本件は、「2020年の東京」へのアクションプログラム2013において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標6「少子高齢社会における都市モデルを構築し、世界に範を示す」
 施策15「高齢者の多様なニーズに対応した社会システムを構築する」

問い合わせ先
福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課
 電話 03-5320-4273
 ファクス 03-5388-1395

ページの先頭へ戻る