トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 5月 > ワークライフバランスに取り組む企業を募集

ここから本文です。

報道発表資料  2013年5月8日  産業労働局

東京ワークライフバランス認定企業
ワークライフバランスに取り組む企業募集のお知らせ
募集期間 5月8日~7月31日

 東京都は、仕事と生活の調和の実現に向けて、優れた取組を行っている中小企業等を「東京ワークライフバランス認定企業」として選定しています。
 応募企業(書類審査あり)には、コンサルティング(無料)を実施し、取組推進に役立つアドバイスを行います。
 認定した企業については、取組内容を紹介するPR用DVDやリーフレットを都が作成するほか、「ワークライフバランスフェスタ東京2014」(平成26年1月予定)で取組を紹介するなど広く周知します。過去の認定企業からは「企業イメージが向上し、採用活動で優秀な人材が確保できた」などの声をいただいています。
 今年度は下記のとおり募集を開始しますので、この機会に是非ご応募ください。

募集の概要

1 応募対象

 都内に本社または主たる事業所を置き、常時雇用する従業員の数が300人以下の企業、団体等

2 応募部門

  1. 長時間労働削減取組部門
  2. 休暇取得促進部門
  3. 育児・介護休業制度充実部門
  4. 多様な勤務形態導入部門

3 認定企業の公表等

  • 認定企業は部門ごとに選定し、合計10社程度選定
  • 「ワークライフバランスフェスタ東京2014」(平成26年1月予定)で認定状を授与及び企業ブースで各企業の取組を紹介
  • 認定企業の取組を、「TOKYOはたらくネット」(産業労働局雇用就業部ホームページ)に掲載。その他各種広報にて広く公表

4 募集期間

 平成25年5月8日(水曜)~7月31日(水曜)

5 応募方法

 下記のいずれかの方法により応募書類を入手し、事務局へ郵送(募集期間内必着)

  • ホームページ
    TOKYOはたらくネット」よりダウンロード
  • 電話で請求 電話 03-5320-4649
    <事務局>
     産業労働局雇用就業部労働環境課雇用平等推進係
     〒163-8001 新宿区西新宿2-8-1

WLB(ワークライフバランス)に取り組む企業を、東京都は応援します!

応募企業、認定企業のメリット

応募企業には…

  • 書類審査を通過した企業には、コンサルタントを派遣します(無料)。
    ※コンサルティングは取組内容の調査と併せ、専門家が実施いたします。

 さらに!

認定企業には…

  • 企業PR用DVD及びリーフレットを都が作成・提供します。
    《PR用DVDの活用例》
    1. 「ワークライフバランスフェスタ東京2014」での上映
    2. 各種ホームページでの掲載
    3. 採用説明会等企業の社風を説明する際の資料として利用 など
  • 取組を「TOKYOはたらくネット」(産業労働局雇用就業部ホームページ)などさまざまなメディアから発信します。
  • 「ワークライフバランスフェスタ東京2014」において、企業PRを行います。

選定の流れ(日程は予定)

イメージ

  1. 応募に際し、申請書類を提出していただきます。
  2. 外部委員を含む審査会にて書類審査を実施します。
  3. 書類審査通過企業に対し、外部専門家が訪問審査をした上でコンサルティングを実施します。
  4. 訪問審査の結果、取組が特に優れていると判断された企業を東京ワークライフバランス認定企業として選定します。

昨年度の実績

「ワークライフバランスフェスタ東京2013」 イメージ
写真 写真
認定状授与式の風景 セミナースペースの風景

応募企業・認定企業の声

  • 採用活動の一環で企業PR用DVDを上映した際、学生から大きな反響がありました。
  • 認定後、企業イメージが向上し、採用応募者が増加するとともに、優秀な人材が確保できました。
  • コンサルティングにより、時間外労働削減・業務効率化等、ワークライフバランスに対する社員の意識が向上しました。
  • 認定に対する社員からの反響が大きく、ワークライフバランスへの取組について、グループ企業全体に波及したと感じています。

※参考 平成24年度 東京ワークライフバランス認定企業一覧 (4部門合計10社)および 主な取組内容(五十音順)

※別添 チラシ(PDF形式:1009KB)

<「2020年の東京」アクションプログラム2013事業>
 本件は、「2020年の東京」アクションプログラム2013において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 【目標6】少子高齢社会における都市モデルを構築し、世界に範を示す。
 【施策14】子供を産み育てる家庭を社会全体で支援し、少子化を打破する。

問い合わせ先
産業労働局雇用就業部労働環境課
 電話 03-5320-4649

ページの先頭へ戻る