トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 5月 > ウェブマガジン「アジア通信」第26号を発行

ここから本文です。

報道発表資料  2013年5月29日  政策企画局

ウェブマガジン「アジア通信」第26号を発行しました

 この度、ウェブマガジン「アジア通信」第26号を発行しましたのでお知らせいたします。

イメージ

第26号で紹介しています!

2012年10月に首都大学東京に入学したクアラルンプールからの留学生に、なぜ東京で学ぼうと思ったのか、そして、彼自身が考えるアジアでの役割について話を聞きました。

写真
「首都大学東京で学ぶ留学生インタビュー
―東京で学ぶことを決めた理由―」

 首都大学東京で学ぶ留学生インタビュー(前編)―東京で学ぶことを決めた理由―


東京消防庁が実施する「救助技術研修」に、バンコクの救助隊員が参加。バンコク・東京の救助隊員が共に真剣に取り組んだ研修の模様を報告します。

写真
「東京の救助技術・人命救助への取組を共有するために
―救助技術研修をバンコクで実施しました―」

 東京の救助技術・人命救助への取組を共有するために―救助技術研修をバンコクで実施しました―


2013年3月7日、ANMC21フォーラムを都庁で実施しました。パネルディスカッションでは、ANMC21をはじめ東京都の国際業務に携わる職員が、活発な議論を展開しました。

 Persons of Asia ~アジアをつなぐ東京都職員~ ―アジア大都市ネットワーク21フォーラム実施報告―

 第26号URL:http://www.asianhumannet.org/newsletter/201305.html

「アジア通信」とは
 「アジア通信」は、アジア大都市ネットワーク21(ANMC21)事業を通じて東京で学んだ、アジアの研修生や留学生を主な対象に、平成21年1月から発行しているウェブマガジンです。現在、国内外で約980人が登録しています。
 「アジア通信」では、毎号ANMC21共同事業の取組や、東京で学ぶアジアからの研修生や留学生の活躍を紹介しています。なお、これまでに発行した「アジア通信」は、アジア人材バンクのウェブサイトで、どなたでもご覧いただくことができます。
 アジア通信URL:http://www.asianhumannet.org/

「2020年の東京」へのアクションプログラム2013事業
 本件は、「2020年の東京」へのアクションプログラム2013において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標7「誰もがチャレンジできる社会を創り、世界に羽ばたく人材を輩出する」
 施策20「若者の挑戦を応援し、世界で活躍する人材を輩出する」

問い合わせ先
知事本局外務部国際共同事業担当
 電話 03-5388-2238

〔参考〕

これまでの「アジア通信」紹介記事

内容
第25号
2013年3月21日
アジアで活躍する『人』を知る―宮崎晶子 アジア大都市ネットワーク21事務局スタッフ―/東京都の国際部門の一員として、アジアへの思いを実現する―ANMC21事務局スタッフの1年間―/インド出張を通じ、アジア都市間の経済交流の大切さを実感する―インドの国際ビジネス見本市に参加してきました―/「水害被害を減らす」、アジアに共通の課題と対策を考える―洪水・高潮・津波対策研修を東京で実施―
第24号
2013年1月30日
海外の災害現場で活躍できる救助隊員になるために~シンガポールで開催された捜索・救助研修に、東京消防庁職員が参加~/下水道に関する東京都の先進的なアイディアを紹介~アジアの下水道技術向上を目指す研修を東京で開催しました~/アジアの魅力ある観光資源を将来にわたって活用していくために~「ワン・アジア・パス」の運用開始に合意~/熱い戦いを繰り広げた、アジアのジュニア選手に拍手!~「ジュニアスポーツアジア交流大会」開催レポート~
第23号
2012年11月28日
アジアで活躍する『人』を知る~ブイ・ジュ・ジュング氏-シンガポール大学研究員・首都大学東京修了生~/アジア大都市共通の課題、公共交通問題解決の糸口とは~多彩なカリキュラムを提供する、実務担当者向け研修を実施~/東京が誇る水道技術を発信し続けるために~シンガポール国際水週間に参加した東京都スタッフレポート~/防災に対する東京の最新の取組をアジア大都市に紹介~ANMC21都市からの参加者による、東京都総合防災訓練参加記録~(後編)

アジア大都市ネットワーク21(ANMC21)とは?

 アジアの大都市が連携を強化することにより、アジア地域の重要性を高め、危機管理、環境対策、産業振興などの共通の課題に共同して取り組み、その成果をアジア地域の発展につなげていくことを目的としています。会員都市は、バンコク、デリー、ハノイ、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、ソウル、シンガポール、台北、東京、トムスク、ウランバートル、ヤンゴンの13都市です。

イメージ

アジア人材バンクとは?

 ANMC21研修事業に参加した行政職員や、首都大学東京の留学生など、東京で学ぶアジアの人々のネットワークを構築することを目的に、平成21年1月より知事本局が運営している事業です。
 アジア人材バンクでは専用のウェブサイトを設け、ウェブマガジン「アジア通信」の発行、研修資料のデータベース構築、アジア大都市ネットワーク21研修事業の紹介、アジア人材育成基金を活用した留学生の紹介等を行っています。

ページの先頭へ戻る