トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 5月 > 上野動物園 6月4日からジャイアントパンダの展示中止

ここから本文です。

報道発表資料  2013年5月28日  建設局

6月4日からジャイアントパンダ「シンシン」の展示を中止します。

 恩賜上野動物園(園長 土居利光)では、平成25年3月11日、12日にジャイアントパンダの交尾行動が確認されていますが、シンシン(メス)に妊娠の際に認められる変化が現れてきたため、平成25年6月4日(火曜)から展示を中止することとしましたのでお知らせいたします。
 なお、ジャイアントパンダには偽妊娠(下記【参考】参照)という現象がありますので、妊娠が確定したものではありません。
 シンシンに会うために来園を予定されていた皆様にはご迷惑をおかけしますが、あたたかく見守っていただき、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

1.対象動物

写真
【シンシン:5月25日撮影】

 ジャイアントパンダ
 シンシン(メス) 2005年7月3日
 臥龍保護センター生まれ

※オスのリーリーについては通常通り終日展示します。


2.期間

 平成25年6月4日(火曜)から
※前日の6月3日(月曜)は休園日です。
※展示再開につきましては、後日お知らせいたします。

【参考】ジャイアントパンダ(食肉目 クマ科)

 ワシントン条約附属書1表、IUCNレッドリスト:EN(危惧種)、東京都ズーストック種

  • 学名
    Ailuropoda melanoleuca
  • 英名
    Giant panda
  • 分布
    中国南西部(四川省、陝西省、甘粛省)の標高2600~3500メートルの寒冷湿潤な竹林
  • 生態等
    基本的には単独行動で行動圏5~6キロ、昼夜の別なく行動するが、明け方と夕方が活発である。

※ワシントン条約附属書1表の正しい表記はローマ数字です。

※偽妊娠(ぎにんしん)
 偽妊娠は病気ではなく生理現象の一種である。排卵すると、受精しなくても妊娠と同じ経過をたどることが知られている。発情の後、妊娠しなくても、ホルモン値の上昇、動作の不活発、長い休息時間、食欲不振、乳頭の明瞭化、乳房の腫脹、巣作り行動など妊娠した場合と同様の現象が現れる。これを偽妊娠と呼ぶ。出産することがないまま日数が経過し、上記の変化が認められなくなって終息する。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【恩賜上野動物園】
 電話 03-3828-5171
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る