トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 5月 > アジアヘッドクォーター特区への誘致セミナーを実施

ここから本文です。

報道発表資料  2013年5月20日  政策企画局

「アジアヘッドクォーター特区」への
外国企業の誘致に向けたセミナーの実施について

 都は、東京の国際競争力を向上させ、更なる成長へと導くため、「アジアヘッドクォーター特区」において、外国企業の誘致を推進しています。
 これまで、特区に進出する外国企業の事業活動を支援する「ビジネスコンシェルジュ東京」の開設、海外見本市におけるPR活動、英文ビジネス誌を利用した広報活動等、さまざまな取組を実施してきました。
 今年度からは特区に進出する外国企業を対象に補助金制度を創設するなど、支援内容の充実を図っています。
 これらの支援内容について外国企業等の皆様に向けて説明するセミナーを、下記のとおり開催します。都は、これを契機として、更なる誘致活動の強化に取り組みます。

1 名称

 「アジアヘッドクォーター特区高付加価値拠点等設立促進セミナー」
※高付加価値拠点とは、アジア地域の業務統括拠点・研究開発拠点を指します。

2 対象

 外国企業、各国の在日大使館・商工会議所 等

3 日時

 平成25年5月24日(金曜日)15時00分から17時30分まで

4 会場

 東京金融ビレッジ(大手町フィナンシャルシティ サウスタワー5階千代田区大手町一丁目9番7号)

5 言語

 日本語・英語(同時通訳)

6 内容

 アジアヘッドクォーター特区内における東京都の取組紹介 等
 詳細は、ウェブサイトをご覧ください。
 (日本語)http://www.chijihon.metro.tokyo.jp/ahq_project/japanese/
 (英語)http://www.chijihon.metro.tokyo.jp/ahq_project/

※本件は、「2020年の東京」へのアクションプログラム2013において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標5 産業力と都市の魅力を高め、東京を新たな成長軌道に乗せる
 施策12 東京の発展を支える産業の育成により、アジアNo.1のビジネス拠点を形成する

問い合わせ先
知事本局総合特区推進部総合特区推進課
 電話 03-5388-2865

【参考】特区に進出する外国企業を対象とした主な支援内容

(1) コンサルティングサービスの提供

 企業の成長戦略策定支援、市場調査分析支援、ビジネスパートナー発掘支援等、高付加価値拠点の設立に向けた無償のコンサルティングサービスを企業進出の意思決定支援時まで提供
※本事業は、アクセンチュア株式会社に委託して実施しています。

(2) 補助金(アジアヘッドクォーター特区拠点設立補助金)による支援

 高付加価値拠点の設立の際に、在留資格取得経費や人材採用経費、拠点設立及び各種届出経費につき、2分の1(1社当たり500万円を上限)の額を支援

(3) 税制上の優遇措置による支援

 新規に設立される日本法人が、高付加価値拠点であり、かつ一定の要件を満たす場合に、次のいずれかの国税(法人税)の軽減措置に加えて、都税の減免措置を実施

  • 20%の所得控除と法人事業税の免除
  • 機械、建物等の取得価額に対する投資税額控除又は特別償却の適用と固定資産税・都市計画税、不動産取得税の免除

(4) 「ビジネスコンシェルジュ東京」による支援

 主に販路開拓を中心に、ビジネスクラブ等を活用した市場参入支援、オーダーメイド型のビジネスマッチングの提供等のビジネス全般に加えて、東京での快適な生活を送るための相談や問い合わせに対し、バイリンガルの専任スタッフがワンストップで支援する「ビジネスコンシェルジュ東京」のサービスの提供
※本事業は、三菱地所株式会社に委託して実施しています。
 ウェブサイト
 (日本語)http://www.bdc-tokyo.org/
 (英語)http://www.bdc-tokyo.org/en/

アジアヘッドクォーター特区とは

  • 都が新たな外国企業誘致プロジェクトを実施するエリア
  • 目標:平成28年度までに、アジア地域の業務統括拠点・研究開発拠点となる企業50社を含む外国企業を500社以上誘致

ページの先頭へ戻る