トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 4月 > 日常生活に潜む危険に関するヒヤリ・ハット調査結果

ここから本文です。

報道発表資料  2013年4月24日  生活文化局

日常生活に潜むヒヤリ・ハット調査を実施!
―日常生活で人をヒヤリとさせた・させられた日用品等―

 東京都では、暮らしの中の危害危険情報を積極的に収集するため、ヒヤリ・ハット調査を実施しています。今回は日用品等について、ヒヤリとさせた側の視点からも調査しました。

イメージ

1 調査概要

(1) 期間

 平成24年12月17日(月曜)から平成24年12月19日(水曜)まで

(2) 対象者

 東京都に在住する方3,000人(インターネットアンケート登録モニター)

(3) 内容

 生活の中でちょっとした迷惑をかけたり、ヒヤリとしたり、けがをさせるような日用品等について

2 調査結果

自転車や傘でヒヤリとさせられた人が約3割!

 日常生活上の日用品使用において、人からヒヤリとさせられたものを聞いたところ、自転車や傘等が多く、次いでキャスター付バッグなど車輪付の携行品が多く挙がりました(報告書4ページ)。

 具体的には・・

  • 身体より後ろで引っ張るキャスター付バッグが死角になってぶつけられることがある。
  • 駅の階段を上っていたら、前の人が傘を後ろに振ったので、私の目の直前に傘がきて怖かった。

ヒヤリとさせられたもの ワースト5
順位 品名 経験者数
(人)
割合
(%)
1 自転車 921 31
2 847 28
3 キャスター付バッグ 485 16
4 買い物カート 341 11
5 ベビーカー 294 10

自分では気づかずに迷惑をかけているかもしれません!

 ヒヤリと「させた」経験者数と「させられた」経験者数を比べ、人に迷惑をかける意識の違いを探りました。
 キャスター付バッグでは自転車や傘等よりもヒヤリと「させる」意識は低く、相手の不快感に気づいていないと推察されます(報告書6ページ)。日用品を使用する際は、周囲の状況をよく確認し、人に迷惑をかけないようにしましょう。

不快感に対する意識の度合
順位 品名 ヒヤリと「させた側※」:「させられた」
概ねの比率
1 キャスター付バッグ 1:5
2 買い物カート 1:4
3 ベビーカー 1:4
4 1:2
5 自転車 1:2
※させた側:ヒヤリと「させた」又は「させそうになった」

※詳しい内容は、こちらをご覧ください。

日用品による「ヒヤリ」を経験した人は?

イメージ

ヒヤリとした日用品は

イメージ

注意して使いましょう

自転車

 不快に「させられた」製品で最も多かったものが自転車です。無灯火、ブレーキのない自転車、よそ見運転等、様々な問題が寄せられました。
 マナーを守り、正しく整備をして乗りましょう。

 駅や空港、店舗や飲食店の出入口付近で、不快に「させた」、「させそうだった」経験が多く見られました。
 傘の開閉動作、持ち方、周辺の状況に注意を払うことが大切です。

キャスター付バッグ

 駅や空港、路上で、不快に「させた」「させそうだった」経験が多く見られました。
 また、階段やエスカレーターでの落下に注意しましょう。

買い物カート

 スーパーマーケット等で商品選びに気をとられていると、人と買い物カートがぶつかるおそれがあります。
 また、子供が買い物カートを使用するときは、人に迷惑をかけないように注意しましょう。

ベビーカー

 ベビーカーは、周囲の人に迷惑をかけたり、危険がないように注意しましょう。
 また、ハンドルに手荷物を掛けると、バランスを崩してベビーカーが転倒することがあります。折りたたむときに、子供の指が挟まらないように注意しましょう。

※別添 ヒヤリ・ハット調査「日常生活で人をヒヤリとさせた・させられた日用品等」(インターネットアンケート)(PDF形式:724KB)

問い合わせ先
生活文化局消費生活部生活安全課
 電話 03-5388-3055

ページの先頭へ戻る