トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 4月 > コンベンション誘致・開催支援事業募集案内

ここから本文です。

報道発表資料  2013年4月15日  産業労働局

新制度がスタート!
コンベンション誘致・開催支援事業 募集案内
東京都は国際コンベンションの誘致に取り組んでいます

 東京都は、東京の持つ魅力を国内外にアピールする機会であるとともに、大きな経済波及効果が見込める国際コンベンションの東京での開催を誘致しています。
 その誘致競争においては、開催候補都市による財政支援など、必要な開催資金を調達できることが開催地決定の大きな要因になっています。
 こうした中、東京都と公益財団法人東京観光財団は、海外諸都市とのコンベンション誘致競争を勝ち抜いていくため、平成25年度より新たに、「コンベンション誘致・開催支援事業」を開始します。新制度では、3つの支援メニューを設け、国際コンベンションの誘致・開催にかかる活動を一体的に支援します。

新制度の主な強化ポイント

 東京都では、主催者のコンベンション誘致・開催にかかる一連の活動を一体的に支援するため、以下のポイントについて強化を図り、国際コンベンション誘致に積極的に取り組みます。

  1. 会議参加者を通じた東京の魅力PRによりインバウンドの促進を図るため、コンベンション開催支援プログラム(誘致支援事業)を新たに創設
  2. コンベンション開催資金助成1件あたりの上限額を1,000万円から2,000万円に引き上げ
  3. 単年度の補助金制度であったコンベンション誘致資金助成を、柔軟な複数年対応制度へ見直し

コンベンション誘致・開催支援事業の概要

名称 コンベンション
誘致資金助成
コンベンション
開催資金助成
コンベンション
開催支援プログラム
(誘致支援事業)
支援対象 開催地が未決定であり、かつ東京が開催候補地となっている国際会議で、別に定める要件(別紙)を満たすもの
主な支援内容 誘致活動に伴う経費に対し助成 東京での開催時に会場借上費等の費用に対し助成 東京での開催時に都内観光ツアーの提供等、参加者が東京の魅力やホスピタリティを体験できる支援プログラムの提供
公募期間 平成25年4月15日(月曜)から
平成26年2月28日(金曜)まで
  • 第1回公募期間
    平成25年4月15日(月曜)から平成25年5月31日(金曜)まで
  • 第2回以降の公募スケジュール(予定)
    • 第2回公募期間
      平成25年6月3日~平成25年8月30日
    • 第3回公募期間
      平成25年9月2日~平成25年11月29日
    • 第4回公募期間
      平成25年12月2日~平成26年2月28日
支援内容 最大300万円の助成
※参加者規模等に応じて、別に定める額(別紙)を上限とします。
最大2,000万円の助成
※参加者規模等に応じて、別に定める額(別紙)を上限とします。
開催支援プログラムの提供
※参加者規模等に応じて、別に定める内容(別紙)を上限とします。
<助成対象経費>
  1. 広報宣伝費
  2. 印刷製本費
  3. 会場借上げ費
  4. 渡航費
  5. 滞在費
  6. その他必要と認められる経費
<助成対象経費>
コンベンションで招聘する外国人に係る渡航費及び宿泊費や会場の借上費、等
<支援プログラムの内容>
  1. 都内観光ツアーの提供
  2. 日本文化体験プログラムの提供
  3. ホスピタリティチームの派遣
  4. 歓迎バナーの掲出、等
申込方法 所定の申請書に必要書類を添えて、(公財)東京観光財団コンベンション事業部へお申込ください。(申請要領、要綱等は、(公財)東京観光財団ホームページからダウンロードできます。)

※別紙 支援内容

「2020年の東京」へのアクションプログラム2013事業
 本事業は、「2020年の東京」へのアクションプログラム2013において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施してきた事業です。
 目標5 「産業力と都市の魅力を高め、東京を新たな成長軌道に乗せる」
 施策13 「東京の多彩な魅力を演出・発信し、国内外から来訪者を呼び込む」

問い合わせ先
産業労働局観光部企画課
 電話 03-5320-4687
(公財)東京観光財団コンベンション事業部
 電話 03-5840-8893

ページの先頭へ戻る