トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 4月 > 六価クロム対応のため集水ます内泥土を濃度分析

ここから本文です。

報道発表資料  2013年4月19日  建設局,環境局

六価クロム対応のため集水ます内泥土の濃度分析を行います。
江戸川区小松川一丁目地内の集水ますへの対応

 報道がありました江戸川区小松川一丁目地内の集水ます内の六価クロムにつきましては、直接人体に触れる場所にはありませんが、道路利用者や沿道住民等の不安解消等を図るため、現在、集水ます周辺に保安柵を設置し、また、集水ます上に敷き鉄板を設置しております。
 この度、集水ます内の六価クロムを含むと考えられる泥土の処分に向けて、濃度分析のための試料採取を行うこととしましたので、お知らせします。

平成25年4月25日(木曜)

 泥土の濃度分析のための試料採取

平成25年4月26日(金曜)~

 泥土の濃度分析(40日程度を要します)

※4月25日の作業は、13時30分より開始する予定です。
 作業時間は30分程度です。
※雨天の場合は、翌日以降に順延します。

問い合わせ先
(集水ますの対策に関すること)
建設局道路管理部保全課
 電話 03-5320-5294
(環境基準等に関すること)
環境局環境改善部土壌地下水汚染対策担当
 電話 03-5388-3467

ページの先頭へ戻る