トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 3月 > 24年HIV感染者・AIDS患者動向及びHIV検査・相談実績

ここから本文です。

報道発表資料  2013年3月28日  福祉保健局

平成24年 HIV感染者・AIDS患者動向及びHIV検査・相談実績
HIV感染者・AIDS患者報告件数は増加、都内保健所等の検査件数は減少

 平成24年、新たに都に報告されたHIV感染者・AIDS患者動向と都内保健所等でのHIV検査実績がまとまりましたので、お知らせいたします。

  • HIV感染者及びAIDS患者報告数はそれぞれ前年よりも増加して461件となった。AIDS患者は92件で、前年と比べ8件増加した。また、HIV感染者は369件で、前年と比べ44件増加した。
  • 都は全国の報告数の約3割を占めるが、全国と比べて、AIDSを発症してからHIV感染が判明した件数の割合は低い(都:約20%、全国:約31%)。
  • HIV検査件数は25,363件となり前年を下回った。都におけるHIV検査件数は、ピーク時と比べると低く推移しているが、陽性率は、近年ほぼ横ばいであるため、今後の動向に注意する必要がある。

新規HIV感染者・エイズ患者数に占めるエイズ患者数の割合

グラフ

※割合=エイズ患者÷新規HIV感染者・エイズ患者数の合計×100

都民の皆様へ

  • 適切な予防行動をとって感染を防ぎましょう。
  • 感染の不安がある場合は、お近くの保健所等で相談や検査(無料・匿名)を受けてください。
  • 土日も相談や検査ができますので、御利用ください。

※別添:都の動向及び検査・相談実績(PDF形式:195KB)
※別紙1:検査や相談の案内
※別紙2:全国の動向及び検査実績(PDF形式:166KB)
※全国の平成24年の数値は速報値(平成25年2月22日発表)

問い合わせ先
福祉保健局健康安全部感染症対策課
 電話 03-5320-4487

ページの先頭へ戻る