トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 3月 > 都立小中高一貫教育校基本構想検討委員会を設置

ここから本文です。

報道発表資料  2013年3月28日  教育庁

都立小中高一貫教育校基本構想検討委員会の設置について

 東京都教育委員会は、理数を中心に、世界に伍して活躍できる人間を育成するため、児童生徒一人一人の潜在能力を最大限に引き出す新たな教育モデルを構築することを基本的な考え方として、都立小中高一貫教育校の設置に向けた検討を行います。
 このため、以下のとおり「都立小中高一貫教育校基本構想検討委員会」を設置しますのでお知らせします。

1 設置期間

 平成25年4月から平成26年3月
 平成25年9月 「中間まとめ」公表

2 主な検討内容

  • 育成すべき生徒像、学校の設置目的と教育理念
  • 12年間の系統的・継続的な教育課程
  • 学校の設置形態及び学級規模
  • 入学者決定方法及び接続期での入学・転学のしくみ
  • 高大接続・高大連携
  • 教職員の体制
  • 現行学校制度の多角的な検証・分析

3 委員について

 委員構成については、別紙「都立小中高一貫教育校基本構想検討委員会委員名簿」(PDF形式:65KB)参照

4 会議の開催

 第1回都立小中高一貫教育校基本構想検討委員会 平成25年4月中旬予定
※以後、月1回程度開催予定

問い合わせ先
教育庁都立学校教育部高等学校教育課
 電話 03-5320-6749

ページの先頭へ戻る