トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 3月 > 都立高校入学者選抜における学力検査問題グループ作成

ここから本文です。

報道発表資料  2013年3月28日  教育庁

東京都立高等学校入学者選抜における学力検査問題のグループ作成について

 これまで、15校の都立高等学校(全日制)において、入学者選抜の学力検査問題を自校で作成してきましたが、平成26年度入学者選抜から15校を三つのグループに分け、グループで共同作成することとしましたのでお知らせします。

1 自校作成の現況

(1) 実施校数

 15校

(2) 校内体制

 校長が作成委員長となり、各教科3名から4名の作成委員を指名する。

(3) 作成教科

 国語、数学、英語の問題を自校で作成する。
※社会、理科については、都の共通問題を使用

2 自校作成のねらい

(1) 中学校学習指導要領に示されている基本的な内容について、知識・理解だけでなく、特に思考力、判断力、応用力、表現力をみることに重点を置いた問題を作成する。
(2) 生徒の学習の到達度をよりきめ細かく評価することによって、入学後の指導体制の一層の充実を図る。
(3) 学力検査問題の作成を通して、求める生徒の能力・適性を示し、特色ある学校としての校風や伝統を広く都民にメッセージを送る。
(4) 教員の教科専門力を高め、その資質向上を図る。

3 自校作成の導入の経緯

年度 学校名
平成13年度 日比谷
平成14年度 西
平成15年度 戸山、新宿、八王子東、国分寺
平成16年度 青山、墨田川、立川、国立
平成17年度 白鴎、両国
平成19年度 武蔵
平成22年度 富士、大泉

4 グループ作成の概要

(1) 15校を次のとおり、三つのグループに分ける。

グループ 校数 学校名
進学指導重点校 7校 日比谷、戸山、青山、西、八王子東、立川、国立
進学重視型単位制高校 3校 新宿、墨田川、国分寺
併設型高校(中高一貫教育校) 5校 白鴎、両国、富士、大泉、武蔵

(2) 作成体制

  • グループごとに作成委員会を設置する。
  • グループごとに、作成委員長、副委員長、教科部会長(国語、数学、英語)の校長を都教委が指名する。
  • 各校の校長は、所属校の教員から、各教科の作成委員を指名する。

(3) 作成教科

  • 作成教科各グループで国語、数学、英語の問題を作成する。
    ※学校ごとに、一部、学校独自の問題と差し替えるなど弾力化を認める。
    ※社会、理科については、都の共通問題を使用

(4) 実施年度

 平成26年度入学者選抜(平成26年2月)から実施する。

5 グループ作成により期待される効果

(1) 各校で選ばれた問題作成に関して高い能力をもつ教員が集まって共同作成することにより、学力検査問題の質の向上が期待できる。
(2) 各校における結果分析に関するノウハウを持ち寄り、分析の手法を改善することで結果分析の精度が向上し、入学時の生徒の学力を一層的確に把握することが期待できる。
(3) 作問及び教科指導に関する優れた実践等の情報の共有化を通して教員の教科専門力の向上を図るとともに、その情報を所属校に還元することにより、国語、数学、英語の教科指導の充実が期待できる。
(4) グループ共通の問題にすることにより、中学生が各グループ内の高校を選択しやすくなる。

6 その他

 都立中高一貫教育校における適性検査問題の一部共通化についても、平成27年度の入学者決定に向けて、今後検討していく。

問い合わせ先
教育庁都立学校教育部高等学校教育課
 電話 03-5320-6745

ページの先頭へ戻る