トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 3月 > 宮城県との教員人事交流実施及び教員派遣報告書の作成

ここから本文です。

報道発表資料  2013年3月22日  教育庁

宮城県との教員人事交流の実施及び教員派遣報告書の作成について

 東京都教育委員会では、宮城県からの教員派遣要請を踏まえ、平成23年度及び平成24年度の2ヵ年で延べ115人を県内各地の公立学校に派遣し、被災地での学校教育の復興を支援してまいりました。
 平成25年度からは、二年間に渡る派遣により生まれた繋がりを基にした新たな取組として、双方向の人事交流を実施することとしました。
 また、平成23年度、24年度に派遣した教員の活動事例をまとめた「東京都公立学校教員派遣報告書」を作成しましたので、以下のとおりお知らせします。

1 人事交流について

(1) 目的

 東京都及び宮城県の教員が交流先の学校において、自らの経験を生かした教育活動を行うとともに、防災教育を含む教育研究を行い、資質の向上を図る。

(2) 派遣方法

 東京都及び宮城県教育委員会間の交流協定による教員の相互人事交流

(3) 交流期間

 平成25年4月1日から3年間

(4) 交流人数

 ア 東京都から宮城県への交流 5名(小学校3名、中学校2名)
 イ 宮城県から東京都への交流 2名(小学校2名)

2 報告書について

(1) 報告書名

 「東日本大震災被災地派遣教員が語る学校現場での震災対策」-東京都公立学校教員派遣報告書-

(2) 作成目的

 派遣教員の活動事例をまとめ、都内各公立学校の防災教育や教員のOJTに活用するとともに、派遣先学校との交流を促進する。

(3) 内容

 別紙「報告書の概要」のとおり

(4) 配布先

 区市町村教育委員会、都内各公立学校等

(5) 配布時期

 平成25年4月上旬を予定
※ただし、教育庁のホームページ上では、本日から下記アドレスで御覧いただけます。
 http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/pr130322.htm

問い合わせ先
教育庁人事部職員課
 電話 03-5320-6791

ページの先頭へ戻る