トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 3月 > 多摩動物公園 さようなら、レッサーパンダ「カグヤ」

ここから本文です。

報道発表資料  2013年3月21日  建設局

多摩動物公園情報
さようなら、レッサーパンダの「カグヤ」

 多摩動物公園(園長 田畑直樹)では、レッサーパンダの「カグヤ」が死亡しましたのでお知らせします。

1.死亡したレッサーパンダ

写真
元気だった頃の「カグヤ」
  • 名前(性別)
    カグヤ(メス)
    2000年6月29日 上海動物園生まれ
    2004年4月12日 野毛山動物園より来園
  • 年齢
    12歳8カ月
  • 死因
    心不全

「カグヤ」について

 2000年6月29日上海動物園で生まれ、2004年4月にブリーディングローンにより横浜市野毛山動物園から多摩動物公園に来園しました。貴重な海外生まれの個体のため繁殖を何度も試みましたが、残念ながら妊娠することはありませんでした。
 昨年の秋ごろから体調を崩し、展示場に出ていませんでしたが、最近少し元気になり、非公開の予備放飼場にも出られるようになっていました。持ち直すのではないかと思われていましたが、3月18日頃から食欲がなくなり、21日朝死亡しているのを飼育職員が確認しました。

2.当園での飼育状況

 6頭(オス3頭、メス3頭) ※「カグヤ」を除きます。

3.国内の飼育状況(2011年12月31日現在)

 シセンレッサーパンダ 53園館 213頭(オス104頭、メス109頭)
※資料:レッサーパンダ国内血統登録(公社)日本動物園水族館協会

【参考】レッサーパンダ(ワシントン条約附属書1表、東京都ズーストック種)

  • 英名
    Red panda
  • 分類
    食肉目 アライグマ科
    以下の2亜種に分類されていますが、当園では、シセンレッサーパンダを飼育展示しています。
    • ヒマラヤ系(Ailurus fulgens fulgens)ネパールレッサーパンダ
    • 中国系(Ailurus fulgens styani)シセンレッサーパンダ
  • 分布
    ヒマラヤ、中国(四川省)
  • 生息地
    海抜1,500~4,000メートルの温帯山岳地にある森や竹やぶ
  • 繁殖
    産児数は1~2頭(まれに3頭)、妊娠期間は90~150日、誕生時の体重は100~150グラム

※附属書1表の正しい表記はローマ数字です。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
(多摩動物公園)
 電話 042-591-1611
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る