トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 3月 > 多摩動物公園 スリランカゾウの寄贈について

ここから本文です。

報道発表資料  2013年2月28日  建設局

スリランカゾウの寄贈について

 この度、スリランカ民主社会主義共和国(以下、「スリランカ」といいます。)から東京都に2頭のスリランカゾウが寄贈されることになり、多摩動物公園(園長 田畑直樹)で公開することになりましたので、下記の通りお知らせいたします。
 なお、この寄贈を記念し、同園において歓迎式典を開催いたします。

1 寄贈の経緯について

 平成24年に日本とスリランカが国交樹立60周年を迎えたことから、これを記念して2頭の子ゾウがスリランカから贈られることとなりました。
 多摩動物公園では、現在1頭のスリランカゾウ、アヌーラ(オス:60歳)を飼育しています。アヌーラは1956年、当時のセイロン政府ソロモン・バンダラナイケ首相から日本の子どもたちへと、三笠宮両殿下を通じて寄贈されました。今回寄贈される2頭の子ゾウも、スリランカと関係の深いアヌーラのいる同園で飼育・展示されることとなりました。

(1) 寄贈されるスリランカゾウ

写真
メスのアマラ オスのヴィドゥラ
  • 名前
    アマラ Amara(意味:永遠に)
  • 性別
    メス
  • 生年月日
    2004年10月29日(8歳3ヶ月・スリランカ ピンナワラゾウ孤児院生まれ)

  • 名前
    ヴィドゥラ Vidula(意味:賢い、利口な)
  • 性別
    オス
  • 生年月日
    2007年8月25日(5歳6ヶ月・スリランカ ピンナワラゾウ孤児院生まれ)

(2) 寄贈日

 平成25年3月12日(火曜)

2 式典について

(1) 日時

 平成25年3月12日(火曜)15時00分から15時50分まで

(2) 場所

 多摩動物公園ウォッチングセンター1階 動物ホール、アジア園アジアゾウ舎

(3) 主な内容

 歓迎挨拶、来賓挨拶、来賓紹介、目録贈呈、記念品贈呈、ゾウのお披露目を予定
 (一般の方は参加できません。)

3 一般公開について

(1) 日時

 平成25年3月14日(木曜)

(2) 場所

 アジア園アジアゾウ舎
※動物の健康管理の都合上、公開できない場合もございますので、ご了承ください。
※平成25年3月13日(水曜)は休園日です。

【参考】スリランカゾウ

 アジアゾウ(絶滅危惧種 東京都ズーストック種)の3亜種(スリランカゾウ、インドゾウ、スマトラゾウ)のひとつです。

  • 亜種英名
    Sri Lanka Elephant
  • 亜種学名
    Elephas maximus maximus
  • 分類
    長鼻目 ゾウ科
  • 分布
    スリランカ
  • 特徴
    下草の豊富な疎林にすみます。体重は3~4トン、寿命は60年~70年。亜種としての野生個体数は3,500頭前後と推定されています(IUCN2004)。
    スリランカゾウは体が比較的短く、皮膚は比較的黒色に近く、体に白またはピンク色の斑点が広く分布しています。オスのゾウの10%にのみ牙があります。当園の個体アヌーラ(1953年5月生)もオスですが牙はありません。

多摩動物公園での飼育状況

 3頭(オス2頭・メス1頭)※「ヴィドゥラ」と「アマラ」を含みます。

日本国内の飼育状況(2011年12月31日現在)

 37園館 73頭(オス17頭・メス56頭)
※資料…「アジアゾウ国内血統登録」(公社)日本動物園水族館協会
※スリランカゾウのみ抜粋すると6園館 8頭(オス3頭・メス5頭)

ご案内

【多摩動物公園】
<開園時間>
 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
 4月28日(日曜)、29日(月曜・祝日)、5月3日(金曜・祝日)~5日(日曜・祝日)は、9時30分~18時00分(入園は17時00分まで)。
<休園日>
 毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
 3月27日(水曜)、4月3日(水曜)、5月1日(水曜)は開園。
<入園料>
 一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
※小学生以下及び都内在住、在学の中学生は無料
 5月4日(土曜・祝日)みどりの日、5月5日(日曜・祝日)開園記念日は入園無料。

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

問い合わせ先
(式典及び寄贈について)
建設局公園緑地部計画課
 電話 03-5320-5370
(動物の情報について)
(公財)東京動物園協会
【多摩動物公園】
 電話 042-591-1611

ページの先頭へ戻る