トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 2月 > 24年度東京都多摩地区教育推進委員会報告会を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2013年2月8日  教育庁

平成24年度東京都多摩地区教育推進委員会報告会の開催について

 東京都では、世界で活躍できる若者の育成を目指して「言葉の力」再生プロジェクトを実施し、言語能力の向上に取り組み、考える力を育んでいます。
 児童・生徒の考える力を一層育むため、物事を多様な観点から考察する「クリティカル・シンキング」を取り入れた授業は、今後ますます重要になります。
 そこで今年度、東京都多摩教育事務所では、東京都多摩地区教育推進委員会を設置し、未だ実践的な研究が十分に行われていない「クリティカル・シンキングを取り入れた授業づくり」について研究を進めてきました。今回、その成果を報告します。

1 開催日時

 平成25年2月15日(金曜日) 午後2時00分から午後4時30分まで

2 場所

 東京都多摩教育センターホール(立川市錦町6-3-1) 800名収容

3 内容

<研究主題>
 クリティカル・シンキングを取り入れた授業づくり
 ―より高次な「知的創造」を目指して―

(1) 報告

<報告者>
 東京都多摩地区教育推進委員会
※東京都多摩地区教育推進委員会は、今年度で通算39年次を迎える研究組織です。
 多摩地区の教育課題に関する調査・研究を行い、その成果を学校に還元することにより、多摩地区の学校教育の充実・発展に期することをねらいとしています。委員長には教育長、副委員長には指導室課長、部会長には副校長、委員には主幹教諭、主任教諭又は教諭を、それぞれ東京都多摩教育事務所が委嘱しています。

<報告内容>

  • 基本的な考え方
  • 実践事例
    国語・社会・算数、数学・理科
  • まとめ

(2) 協議

(3) 講評

 帝京科学大学教授 有村久春氏

<主な経歴>
 東京都教育委員会主任指導主事(指導室長)、東京都公立小学校長を経て現職。その間、文部科学省いじめ問題に関する調査研究委員、学習指導要領作成委員、教育課程中央説明会助言者など歴任

4 対象

 公立・私立学校の教員、大学関係者、教職志望の学生、研究機関関係者、教育行政関係者、保護者など

5 その他

 自動車での来場は御遠慮ください。

東京都多摩教育事務所ホームページ

※別添 東京都多摩地区教育推進委員会報告会の開催 チラシ(PDF形式:576KB)

問い合わせ先
多摩教育事務所指導課
 電話 042-524-7137

ページの先頭へ戻る