トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 2月 > ヘルプカード普及促進セミナーを開催

ここから本文です。

報道発表資料  2013年2月5日  福祉保健局

ヘルプカード普及促進セミナーを開催します
―障害のある人の安心と防災から考えるヘルプカード―

 障害者が、緊急時や平時に、周囲に理解を求めるための手段として、緊急連絡先や必要な支援内容を記載した「ヘルプカード」を所持し、都内で統一的に活用できるよう、標準様式を策定しました。
 このヘルプカードの普及・定着のためには、支援する方々による理解と効果的な活用の推進が必要です。そのため、本セミナーを開催し、安心と防災の観点からヘルプカードの在り方を障害のある方を支援する皆様とともに考えます。

画像

1 日時

 平成25年3月4日(月曜日)13時00分から17時00分まで

2 会場

 東京都社会福祉保健医療研修センター(文京区小日向4丁目1番6号)
 (東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅下車徒歩10分)

3 定員

 130名(定員になり次第締め切り)

4 内容

基調講演

 東日本大震災における障害者の状況と必要な支援
 岩手県自閉症協会 会長
 NPO法人いわて発達障害サポートセンターえぇ町つくり隊 代表理事
 熊本葉一氏

ヘルプカードDVDの上映

パネルディスカッション

 災害時、障害者の安全と安心を守るために―ヘルプカードを中心に―

 <発表者・発言者>

  • 大田区福祉部障害福祉課計画担当係長 斉藤禄美氏
  • 大田区自立支援協議会会長大田区知的障害者育成会副会長 志村陽子氏
  • 東村山市社会福祉協議会 瀧澤純氏
  • 狛江市障害者団体連絡協議会防災ネット 笠松敦子氏
  • すぎなみ障害者生活支援コーディネートセンター代表 江副新氏

※コーディネーター 白梅学園大学教授 堀江まゆみ氏

5 申込方法

 東京都社会福祉協議会ホームページから所定様式によりメールまたはファクスでお申し込みください。
 (ファクス:03-3268-7433 Eメール:info(at)tcsw.tvac.or.jp)
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

問い合わせ先
福祉保健局障害者施策推進部計画課
 電話 03-5320-4144

〔参考〕

1 ヘルプカードとは

 障害者が携帯し、いざというときに必要な支援や配慮を周囲の人にお願いするためのカードです。次のような場面で活用できます。

  1. 災害の場面(発生時・避難時)
  2. 緊急の場面(パニック・発作・病気の時)
  3. 日常の場面(手助けを必要とする時)

2 作成のためのガイドラインを発行

  • 区市町村がガイドラインを活用し、カードを作成
  • 聴覚障害、内部障害など、障害種別ごとに必要な配慮や支援方法等を記載
  • 各区市町村がこの標準様式によりカードを作成した際の作成経費は、包括補助事業で支援
画像 画像
表面:上部は都内統一デザイン 裏面:参考様式

ページの先頭へ戻る