トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 2月 > 東京マガジンバンク第4回映画フェスティバルを開催

ここから本文です。

報道発表資料  2013年2月6日  教育庁

東京都立多摩図書館
東京マガジンバンク 第4回映画フェスティバルのお知らせ
生誕100年記念 木下惠介

 木下惠介氏は、大正元(1912)年12月5日の生まれで、昨年12月に生誕100年の節目を迎えたところです。昭和18(1943)年に監督デビューし、日本映画の黄金時代である昭和20年代後半から30年代を中心に、49本の監督作品を手がけました。
 その作品世界は、叙情的作品から、コメディ、大胆な映像手法を駆使した革新的作品、社会派作品まで、実に多彩です。
 今回はその中から、世代を超えて共感を呼ぶ作品2本を上映いたします。さらに木下監督やその作品についての雑誌記事を、同時開催する資料展示で御紹介いたします。
 生誕100年を機に、国内外で再評価の動きが高まっている木下作品を、多くの方に味わっていただきたいと思います。

イメージ

1 開催日時

 平成25年3月10日(日曜日)午前10時00分から午後4時40分まで
 (開場 午前9時30分)

2 会場

 東京都多摩教育センター(立川市錦町6-3-1) ホール(800席)
※入場無料 申込不要

3 内容

(1) 映画上映

 「二十四の瞳」
 (主演 高峰秀子 1954年 モノクロ 154分)
 「喜びも悲しみも幾歳月」
 (主演 佐田啓二、高峰秀子 1957年 カラー 162分)

(2) 資料展示

 「木下惠介 その生涯と作品」
 木下監督と監督作品について、東京マガジンバンクの所蔵雑誌で御紹介します。

※別添 東京マガジンバンク第4回映画フェスティバル チラシ(PDF形式:904KB)

問い合わせ先
東京都立多摩図書館
 電話 042-524-7186

ページの先頭へ戻る