トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 2月 > 「丘陵地公園の整備計画」が答申されました

ここから本文です。

報道発表資料  2013年2月28日  建設局

「丘陵地公園(中藤公園・観音寺森緑地・東大和芋窪緑地)の整備計画」が答申されました

 平成24年10月10日に知事から東京都公園審議会(山田勝巳会長)に諮問をした「丘陵地公園(中藤公園、観音寺森緑地、東大和芋窪緑地)の整備計画」につきまして、平成25年2月19日に答申を受けましたのでお知らせします。
 なお、同答申は、都民の皆様からご意見を募集し、いただいたご意見を参考にとりまとめられました。

1 答申の主なポイント

 丘陵地公園(中藤公園、観音寺森緑地、東大和芋窪緑地)の整備計画

(1) 整備計画策定の方針

 広域的な水と緑のネットワーク形成を目指し、「狭山丘陵の緑の連続性を確保しつつ、里山の歴史を引き継いでいく場」を基本理念に、豊かな自然環境や歴史・文化資源を良好な状態で保全するとともに、これらの資源を適切に活用するための公園整備を促進する。

  1. 一連となった狭山丘陵の緑や生態系の保全
  2. 狭山丘陵の自然資源や歴史・文化資源の保全と活用の両立
  3. 狭山丘陵の環境を良好に保つとともに、継続的な活用を可能とする管理運営の確立

(2) ゾーニング計画

 整備計画策定の方針を踏まえ、2つのゾーンを設定する。

  1. 保全ゾーン
    • 生物保全エリア
    • 景観保全エリア
    • 里山形成エリア
  2. 活用ゾーン
    • 里山活用エリア
    • サービス拠点エリア

(3) 植生管理

(4) 動線設定

(5) 管理運営

2 答申の入手方法

  • 東京都建設局ホームページにて3月1日(金曜)9時00分より閲覧できます。
  • 都民情報ルーム(都庁第一本庁舎3階北側)で3月1日(金曜)より閲覧できます。

※別添資料
 「丘陵地公園(中藤公園・観音寺森緑地・東大和芋窪緑地)の整備計画」(PDF形式:4.02MB)
(本文・ゾーニング図・計画平面図・位置図・空中写真・鳥瞰図)
※付属資料
 「丘陵地公園(中藤公園・観音寺森緑地・東大和芋窪緑地)の整備計画」中間のまとめに対する都民意見(PDF形式:388KB)

「2020年の東京」へのアクションプログラム2013事業
 本件は「2020年の東京」へのアクションプログラム2013において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標3 「水と緑の回廊で包まれた、美しいまち東京を復活させる」
 施策7 「緑のネットワークをつなげ、自然豊かな東京を次世代へ継承する」

問い合わせ先
建設局公園緑地部計画課
 電話 03-5320-5370

ページの先頭へ戻る