トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成25(2013)年 > 2月 > 「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」助成先団体決定

ここから本文です。

報道発表資料  2013年2月20日  都市整備局

「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」
新規助成先団体の決定について

 東京都とセブン-イレブン記念財団(別紙3)は、都内で緑の保全活動等を行う市民団体を支援する「東京の緑を守ろうプロジェクト」(別紙1)に取り組んでいます。
 この一環である「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」(別紙2)について、新たに平成25年度から助成を行う団体を選定しましたのでお知らせします。

助成先団体

 計20団体

2年間助成(平成25~26年度) 8団体

団体名(※) 申請活動名
ふれあい園芸サロン・なでしこ 公園の花壇づくり
熊野公園ボランティアの会 「よみがえれ!熊野公園の池」再生活動
特定非営利活動法人自然環境アカデミー 八王子里山保全地域保全活動 里山の保全・復元
みどりネットkoto辰巳基地(苗園) 花苗を育て他団体にも供給し、花を広げる活動
特定非営利活動法人花と緑のまち三鷹創造協会 緑の保全維持管理活動(緑のボランティア部会)
里山キッズ運営実行委員会 町田の里山を地域の小学生と共に守るプロジェクト
亀戸七丁目南公園コミュニティーガーデン コミュニティーガーデン活動と啓蒙普及活動
NPO法人ネイチャーリーダー江東 子どもが主役の自然再生活動―調べる・育てる・広げる―
(※助成申請書の到着順)

単年度助成(平成25年度) 12団体

団体名(※) 申請活動名
東村山の原風景を守る会 せせらぎの郷多摩湖緑地保護育成活動
六仙公園花ボランティア 花ボランティア
都立東大和南公園友の会花葉心雑草の会 都民の心の安らぎと緑のふれあいを促進する花壇つくり
多摩湖緑道花壇友の会・西東京 コミュニティーガーデン化の基礎作り活動
FoE Japan 「街の木ウォッチング」―都市樹木を守る普及活動
自然体感塾ワンダースクール パーク deアート 公園での工作や自然観察
勝沼城址みどりの会 勝沼城址の緑地保全及び植生調査
都市緑化を考える会 自然観察会 国分寺崖線緑化保全地域の観察会
特定非営利活動法人コスファCOSFA 暮らしの潤い空間”地域の庭づくり”「COSFA下北沢」地域の庭活動
特別養護老人ホーム和翔苑 家族会 花と緑と笑顔の企画 和翔苑入居者の緑活動
小さな命を守る会 小さな命を守る 南沢樹林地保全
せたがや水辺の楽校 子どもが自然とふれあう遊び場づくり
(※助成申請書の到着順)

助成総額

 約320万円(平成25年度分)

「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」の概要

 この事業は、市民団体が、東京に残る樹林地等の維持保全活動や、緑の少ない市街地において緑を増やす活動、都民が緑や自然に親しむきっかけをつくる活動等の緑を守り育てる活動を行う際に、その活動費用を助成するものです。
 次回(平成26年度公募)については、8月頃に応募要項を発表する予定です。

※別紙1 東京の緑を守ろうプロジェクトについて
※別紙2 「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」について
※別紙3 「セブン-イレブン記念財団」について

 「2020年の東京」へのアクションプログラム2013事業
 本件は、「2020年の東京」へのアクションプログラム2013において、以下の目標・施策に指定し、重点的に実施している事業です。
 目標3 水と緑のめぐる豊かな都市空間の創出
 施策7 緑のネットワークをつなげ、自然豊かな東京を次世代へ継承する

問い合わせ先
(「東京の緑を守ろうプロジェクト」について)
都市整備局都市づくり政策部緑地景観課
 電話 03-5388-3315
(セブン-イレブン記念財団及び「東京の緑を守ろうプロジェクト助成」の詳細について)
一般財団法人セブン-イレブン記念財団
 電話 03-6238-3872

ページの先頭へ戻る